into 有田観光

バックヤードで器を掘り出そう!幸楽窯

うわーーー♥
すごーい!この食器の海!!!

DSC00597

ここは、慶応元年に創業した老舗窯元「幸楽窯」。以前、紹介したカオスでアートな窯元です。

new_P4180227
以前、紹介したブログを読んでいない人は、こちらも合わせてご参照ください。ちなみに、とってつけたようで恐縮ですが、商品もとっても素敵です。日本の観光をヤバくするアノ会社や世界最大級の飲料メーカーに認められているのですから。商品についてはいつか紹介します、いつか。

今回の主人公は「倉庫」。

ここには現代のものや四半世紀前のお宝である「焼き物たち」が眠っています。

その様は、まるで海!

溺れそうに広く、
底が見えないほど深い。

目を凝らすと、ほこりや土の合間からは「なにかステキなもの」が見え隠れしています。

DSC00595

ここに来た人は、この焼き物の海に、軍手をはめ頭にはヘッドライトをつけてダイブ。買い物カゴにいっぱい焼き物を掘り出すことができます。そう、それは、まさしく「宝探し」

ここには、決して表には出回らない「仕掛品(しかかりひん、つまり制作途中のもの)」があったり、 窯元も知らないお宝が眠っていたり。なんじゃこりゃ!?な不思議なものも。これ素敵ですね、と窯元に見せるとなんとも微妙な顔で「それはかつて16000円だったんだよね」とかの掘り出し物もあり、とにかく楽しい!

ガイドは5ヶ国語話すピメンタという瞳のキレイなブラジル人のお兄さん。天才的に面白い。有田のMUST GO !な窯元です。ちなみに今発売のGQにも掲載されています。1日の定員は10名まで、とのことと前日までの予約だそうです。詳しくは文末のURL先にある窯元のHPで確認を。

 

老いも若きも、男も女も、
ジャパニーズも外国人も、
Let’s dive into the ARITA-DUST!

2月24日発売のGQでも紹介されています!
詳しくは、今、発売されているGQをご覧くださいませ。

▶トレジャーハンティングの申し込みは「こちら」から。
・開催:毎日10時・13時に開始(平日は当日連絡可能、土.日曜・祝日の申込は前日15:00まで必須)
・1日定員10名様(定員になり次第締切)
・所要時間:〜2時間
・電話:0955-42-4121(幸楽窯:トレジャーハンティング受付係りまで)
・お名前/人数/連絡先電話番号/交通手段をお伝えください。
・住所:〒844-0023 佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙2512
・交通:有田駅からバスで5分「丸尾住宅前」で下車。徒歩3分。

幸楽窯 徳永陶磁器株式会社 :http://kouraku.jp.net/
〒844-0023 佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙2512
TEL 0955-42-4121

 

関連記事

  1. into 有田観光

    「価値」あるゴミ

    興味のない人にはゴミでしょうが・・いえ、実際、当時はゴミだった…

  2. into 有田観光

    経済活動が止まる有田のお盆

    「すみません・・その日は働けません。」6月末のある日、窯元の奥…

  3. into 地方の経営者

    「柿右衛門窯」に行ってきました。

    先日、有田焼きのナンバーワンブランド「柿右衛門窯」に行ってきました。柿…

  4. into 有田観光

    困ったら、ココに行こう!

    えっと、ま、まずは「手塚商店」に行ってくださいっ!「手塚商店」…

  5. into 有田観光

    ふにゃふにゃがうまい!「牧のうどん」

    本日の昼食は「牧のうどん」。北九州のご当地食の一つです。どれだ…

  6. into 有田観光

    有田は「自転車」か「歩き」で回るのがオススメです。

    有田を回るなら、歩きか、自転車がオススメです。有田に来て、ああ…

最近の記事

  1. into 有田観光

    バックヤードで器を掘り出そう!幸楽窯
  2. into 地域魅力

    ワインに詳しくない私がワインを選ぶ、もう一つの方法
  3. into 地域活性化

    引き上げる想い(後半)
  4. into 地方の経営者

    最強の3大魅力(温泉×焼き物×お茶)がある嬉野で”まちづくり”をやります。
  5. into 地方の経営者

    9)好きなものを作るのはマスターベーション?
PAGE TOP