into 有田観光

バックヤードで器を掘り出そう!幸楽窯

うわーーー♥
すごーい!この食器の海!!!

DSC00597

ここは、慶応元年に創業した老舗窯元「幸楽窯」。以前、紹介したカオスでアートな窯元です。

new_P4180227
以前、紹介したブログを読んでいない人は、こちらも合わせてご参照ください。ちなみに、とってつけたようで恐縮ですが、商品もとっても素敵です。日本の観光をヤバくするアノ会社や世界最大級の飲料メーカーに認められているのですから。商品についてはいつか紹介します、いつか。

今回の主人公は「倉庫」。

ここには現代のものや四半世紀前のお宝である「焼き物たち」が眠っています。

その様は、まるで海!

溺れそうに広く、
底が見えないほど深い。

目を凝らすと、ほこりや土の合間からは「なにかステキなもの」が見え隠れしています。

DSC00595

ここに来た人は、この焼き物の海に、軍手をはめ頭にはヘッドライトをつけてダイブ。買い物カゴにいっぱい焼き物を掘り出すことができます。そう、それは、まさしく「宝探し」

ここには、決して表には出回らない「仕掛品(しかかりひん、つまり制作途中のもの)」があったり、 窯元も知らないお宝が眠っていたり。なんじゃこりゃ!?な不思議なものも。これ素敵ですね、と窯元に見せるとなんとも微妙な顔で「それはかつて16000円だったんだよね」とかの掘り出し物もあり、とにかく楽しい!

ガイドは5ヶ国語話すピメンタという瞳のキレイなブラジル人のお兄さん。天才的に面白い。有田のMUST GO !な窯元です。ちなみに今発売のGQにも掲載されています。1日の定員は10名まで、とのことと前日までの予約だそうです。詳しくは文末のURL先にある窯元のHPで確認を。

 

老いも若きも、男も女も、
ジャパニーズも外国人も、
Let’s dive into the ARITA-DUST!

2月24日発売のGQでも紹介されています!
詳しくは、今、発売されているGQをご覧くださいませ。

▶トレジャーハンティングの申し込みは「こちら」から。
・開催:毎日10時・13時に開始(平日は当日連絡可能、土.日曜・祝日の申込は前日15:00まで必須)
・1日定員10名様(定員になり次第締切)
・所要時間:〜2時間
・電話:0955-42-4121(幸楽窯:トレジャーハンティング受付係りまで)
・お名前/人数/連絡先電話番号/交通手段をお伝えください。
・住所:〒844-0023 佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙2512
・交通:有田駅からバスで5分「丸尾住宅前」で下車。徒歩3分。

幸楽窯 徳永陶磁器株式会社 :http://kouraku.jp.net/
〒844-0023 佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙2512
TEL 0955-42-4121

 

関連記事

  1. into 有田観光

    有田でのギョー活はここ!「餃子会館」。つまみは「もしもしラーメン」

    餃子って、ムショーに食べたくなる時がありませんか?有田で餃子が食べ…

  2. into 地方の経営者

    「柿右衛門窯」に行ってきました。

    先日、有田焼きのナンバーワンブランド「柿右衛門窯」に行ってきました。柿…

  3. into 有田観光

    経済活動が止まる有田のお盆

    「すみません・・その日は働けません。」6月末のある日、窯元の奥…

  4. into 有田観光

    有田に来るなら覚えよう!「ばってん」と「そいぎんた」

    私、有田に馴染んできたためか、だんだん容赦なく、有田弁で話かけられるよ…

  5. into 有田観光

    雪 DE 温泉旅館。

    先日の大寒波は九州に35年ぶりに大雪を降らしました。その日は男…

  6. into 地方の経営者

    「有田焼きブランド」を超えている「柿右衛門ブランド」

    前回、前々回と「柿右衛門窯」について超簡単にご紹介しましたが、そもそも…

最近の記事

  1. into 私の思考

    就活に想う(1):あなたを雇う会社はありません。
  2. into 地方の経営者

    2)車を作るように焼き物を作ってみよう!
  3. into 地方の経営者

    デザイナーさん必見!コンペ開催!入選作品は賞金+商品化。
  4. into 磁器産業

    陶器と磁器って違うんだ!
  5. into 地方の経営者

    5)社長、これでは儲かりません。
PAGE TOP