into 地域で頑張る人たち

在庫が宝になる。吉田焼の成功に見る「マイクロツーリズム」の未来

2020/6/24Forbes掲載記事。本文はここには掲載していませんので、詳しくはURLをクリックしてお読みください。


自分の「風土」に気がつき、磨きをかけ、世界に発信する。

これは、サグラダファミリアを修復している外尾さんが言っていた言葉です。あのサグラダファミリアでさえ、当時は地元の人に見向きもされなかったそう。

これは本当にその通りで、地域の方とお話すると、開口一番に言われるのは「いやー、うちには本当に何にもないんですよ」。でも、私が分析して見えてきたことをお話すると、「ええええ!そうなんですか!うちってすごいんですね」ととても誇らしそうに言います。


自分で自分のことに気がつくのは難しいことかもしれません。だから、過去の事例が参考になればと思って書きました。

詳しくは本文をどうぞ
https://forbesjapan.com/articles/detail/35330

全国で旅産業に従事する皆さま。いつか需要はもどってきます。SARSの時も311の時もそうでしたから。ウィルスの拡散や罹患を考えれば、顧客は、遠くへはいけない。事業者も、遠くからのお客様は素直に喜べない。ワクチンができるまでは3密を回避しつつ、身近な魅力を発掘して周囲の人たちと力を合わせて磨き、近圏内でお金を回して欲しいと思います。
最近のお気に入りの言葉は「刃を研ぐ」。
コロナ期に観光コンテンツを増やしておけば、開けた時に、地域観光は爆発力をもったものになると思います。私も前職で蓄えた知識と知恵を経験を使って、できることしていきます。旅産業のみなさん、頑張りましょう。えいえいおー!

関連記事

  1. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(上)

    不思議な非日常が魅力2019年4月21日佐賀新聞「ろんだん佐…

  2. into 地域魅力

    箱根を「温泉」でなく「土」で語る 自然が生み出す工芸品の魅力

    FORBESさんに書きました。今回は「箱根」。「土」とか「地形」から…

  3. into 地域魅力

    経済活動止まる有田のお盆

    価値観を理解し、風習を共有2019年8月25日佐賀新聞「ろん…

  4. into 地域活性化

    林業の町を観光で活性化する(1)

    「林業」は、きこりとか林野庁や、製材所や木工職人などの木に関わる人た…

  5. into 地域で頑張る人たち

    ニーズにないものを作るということ

    アートと資本原理は相反すると思います。なぜなら、アートはニーズにないか…

  6. into 地域で頑張る人たち

    引き上げる想い(前半)

    4年間、佐賀県で夫を放置プレイで仕事をしておりましたが、今月末をもちま…

最近の記事

  1. into 有田観光

    困ったら、ココに行こう!
  2. into PR

    へっぽこPR時代(後編2:最終回)
  3. into PR

    就活に想う(2):コウホウやりませんか?
  4. into PR

    へっぽこPR時代(前編)
  5. into 私の思考

    2017年にやったオモロイ仕事
PAGE TOP