into 地方の経営者

「有田焼きブランド」を超えている「柿右衛門ブランド」

前回前々回と「柿右衛門窯」について超簡単にご紹介しましたが、そもそもこの窯元に来るきっかけを作ってくれたのが友人のSちゃん。(白い帽子)彼女は見かけによらずアートとかの美術品を扱うオークション会社の取締役(だった)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

話は一年前。Sちゃんと有田の話をしていたら、美術や芸術に大変詳しいであるにもかかわらずに彼女は、

柿右衛門って有田焼きだったんだー!
と、のたまいました。

へ?

なんだと思っていたの?と聞くと、

・・カ、カ、カキエモン・・・♪( ´▽`)

「柿右衛門ブランド」は「有田焼ブランド」を凌駕している!(少なくともSちゃん中では)

そういえば、大昔にアメリカで仕事をしていた時に、同僚のアメリカ人から

「ゼロックス プリーズ」

と言われたことがありました。その時に、へー、アメリカではコピーのことを企業名である「ゼロックス」っていうんだと思ったことがありました。その時の感覚に似ています。

一般名詞としても使われている「セロテープ」や「宅急便」は実は企業名ってことを知らない人もいると思います。

これらのブランドは機能が固有名詞になっていて、それはそれですごいんです。

ですが、ブランドは「世界観」です。作る側が訴えたい「世界観」が消費者の「価値観」にビビビっとくれば、ブランドがあると言えるでしょうが、ことはそう簡単ではなく、緻密な仕掛け地道な努力が必要です。

今日はここまで。次回は地道な努力について。
いつも夫に、前のも読めてないのに、次が来ちゃった♪( ´▽`)と言われるのでドンドン短く。

 

関連記事

  1. into 地方の経営者

    最強の3大魅力(温泉×焼き物×お茶)がある嬉野で”まちづくり”をやります。

    ●日本最初の磁器「有田焼き」●お茶栽培発祥の「嬉野茶」●日本三…

  2. into 地方の経営者

    「柿右衛門窯」に行ってきました。

    先日、有田焼きのナンバーワンブランド「柿右衛門窯」に行ってきました。柿…

  3. into 地方の経営者

    蔵から出てきたお宝

    焼き物の絵付けには欠かせないのが、これ。「ナカダチ紙」…

  4. into 地方の経営者

    ブランドは信仰だ!と思えると結構うまくいく

    前職の広報時代、メディアの皆様に、よく言われたのが「御社は宗教みたいだ…

  5. into 地方の経営者

    ”夫婦愛”もRevitalization(活性化)?

    このプロジェクトのおかげで夫婦の会話が増えたんですよ。と、窯元…

  6. into 地方の経営者

    柿右衛門窯にある「柿」を語れれば、焼き物ツウに。

    前回につづき、柿右衛門ネタです。トヨタとも異なる、この日本ブランドのあ…

最近の記事

  1. into 地方の経営者

    8)一人で生きていくのは難しい。
  2. into 地方の経営者

    柿右衛門窯にある「柿」を語れれば、焼き物ツウに。
  3. into 有田観光

    有田までのベストな行き方教えます。
  4. into 地方の経営者

    こんなに時間がかかる有田焼
  5. into 地方の経営者

    私の胸が熱くなる瞬間
PAGE TOP