into 地方の経営者

「有田焼きブランド」を超えている「柿右衛門ブランド」

前回前々回と「柿右衛門窯」について超簡単にご紹介しましたが、そもそもこの窯元に来るきっかけを作ってくれたのが友人のSちゃん。(白い帽子)彼女は見かけによらずアートとかの美術品を扱うオークション会社の取締役(だった)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

話は一年前。Sちゃんと有田の話をしていたら、美術や芸術に大変詳しいであるにもかかわらずに彼女は、

柿右衛門って有田焼きだったんだー!
と、のたまいました。

へ?

なんだと思っていたの?と聞くと、

・・カ、カ、カキエモン・・・♪( ´▽`)

「柿右衛門ブランド」は「有田焼ブランド」を凌駕している!(少なくともSちゃん中では)

そういえば、大昔にアメリカで仕事をしていた時に、同僚のアメリカ人から

「ゼロックス プリーズ」

と言われたことがありました。その時に、へー、アメリカではコピーのことを企業名である「ゼロックス」っていうんだと思ったことがありました。その時の感覚に似ています。

一般名詞としても使われている「セロテープ」や「宅急便」は実は企業名ってことを知らない人もいると思います。

これらのブランドは機能が固有名詞になっていて、それはそれですごいんです。

ですが、ブランドは「世界観」です。作る側が訴えたい「世界観」が消費者の「価値観」にビビビっとくれば、ブランドがあると言えるでしょうが、ことはそう簡単ではなく、緻密な仕掛け地道な努力が必要です。

今日はここまで。次回は地道な努力について。
いつも夫に、前のも読めてないのに、次が来ちゃった♪( ´▽`)と言われるのでドンドン短く。

 

関連記事

  1. into 有田観光

    焼き物フリーク必訪!磁器でできた神社

    通称「焼き物の神様」が祀られている神社が「陶山神社」。ここは、有田…

  2. into 有田観光

    有田に来るなら覚えよう!「ばってん」と「そいぎんた」

    私、有田に馴染んできたためか、だんだん容赦なく、有田弁で話かけられるよ…

  3. into 有田観光

    困ったら、ココに行こう!

    えっと、ま、まずは「手塚商店」に行ってくださいっ!「手塚商店」…

  4. into 地方の経営者

    3)別名「夫婦ゲンカ」という名の「経営改善会議」

    窯元さんと経営改善会議を始めると、始めの頃は、しょっちゅう、夫婦ゲンカ…

  5. into 有田観光

    有田に肌美人が多い理由を検証した所、驚きの結果が!

    有田には肌美人が多い。と自分のFACEBOOKに掲載した所、「…

  6. into 有田観光

    焼き物が落ちない理由をチョイと調べてみました。

    有田に来るとみなさん驚くのが、今にも落ちそうなほど、ギリギリに置かれた…

最近の記事

  1. into 地方の経営者

    ”夫婦愛”もRevitalization(活性化)?
  2. 未分類

    大きな投資は必要なし。佐賀県発マイクロツーリズムの成功例
  3. into 地域活性化

    林業の町を観光で活性化する(1)
  4. into 有田観光

    有田までのベストな行き方教えます。
  5. into 有田観光

    有田でのギョー活はここ!「餃子会館」。つまみは「もしもしラーメン」
PAGE TOP