into 地方の経営者

「有田焼きブランド」を超えている「柿右衛門ブランド」

前回前々回と「柿右衛門窯」について超簡単にご紹介しましたが、そもそもこの窯元に来るきっかけを作ってくれたのが友人のSちゃん。(白い帽子)彼女は見かけによらずアートとかの美術品を扱うオークション会社の取締役(だった)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

話は一年前。Sちゃんと有田の話をしていたら、美術や芸術に大変詳しいであるにもかかわらずに彼女は、

柿右衛門って有田焼きだったんだー!
と、のたまいました。

へ?

なんだと思っていたの?と聞くと、

・・カ、カ、カキエモン・・・♪( ´▽`)

「柿右衛門ブランド」は「有田焼ブランド」を凌駕している!(少なくともSちゃん中では)

そういえば、大昔にアメリカで仕事をしていた時に、同僚のアメリカ人から

「ゼロックス プリーズ」

と言われたことがありました。その時に、へー、アメリカではコピーのことを企業名である「ゼロックス」っていうんだと思ったことがありました。その時の感覚に似ています。

一般名詞としても使われている「セロテープ」や「宅急便」は実は企業名ってことを知らない人もいると思います。

これらのブランドは機能が固有名詞になっていて、それはそれですごいんです。

ですが、ブランドは「世界観」です。作る側が訴えたい「世界観」が消費者の「価値観」にビビビっとくれば、ブランドがあると言えるでしょうが、ことはそう簡単ではなく、緻密な仕掛け地道な努力が必要です。

今日はここまで。次回は地道な努力について。
いつも夫に、前のも読めてないのに、次が来ちゃった♪( ´▽`)と言われるのでドンドン短く。

 

関連記事

  1. into 地方の経営者

    胸をはって、子供に言えますか?

    日本各地の職人さん(含む自営)と仕事をしていて「三大困ること」がコチラ…

  2. into 有田観光

    「価値」あるゴミ

    興味のない人にはゴミでしょうが・・いえ、実際、当時はゴミだった…

  3. into PR

    市場の価値観ってなんだろう?

    なにか新しいことをやる時はトテモドキドキするものです。それが伝統を重ん…

  4. into 有田観光

    バックヤードで器を掘り出そう!幸楽窯

    うわーーー♥すごーい!この食器の海!!!ここは、慶…

  5. into 地方の経営者

    窯に「アート」を持ち込んだ窯元

    仕事の合間に遊びにいく窯元の一つがここ「幸楽窯」さん。創業150年の老…

  6. into 地域で頑張る人たち

    引き上げる想い(前半)

    4年間、佐賀県で夫を放置プレイで仕事をしておりましたが、今月末をもちま…

最近の記事

  1. 未分類

    マイクロツーリズム時代に求められる「広報」の力
  2. into 私の思考

    感性の磨き方
  3. into 磁器産業

    陶器と磁器って違うんだ!
  4. into 地域で頑張る人たち

    在庫が宝になる。吉田焼の成功に見る「マイクロツーリズム」の未来
  5. into 地方の経営者

    最強の3大魅力(温泉×焼き物×お茶)がある嬉野で”まちづくり”をやります。
PAGE TOP