into 地方の経営者

7)『知っている』と『できる』は違う、ってそういう事か!

先日の寺子屋(有田の家に窯元さんを集めた勉強会)で窯元AさんがBさんに言ったセリフ:あなたね、1年前の南雲さんは怖かったんだから。でも、今は大分丸くなったのよ。

Aさんは私の隣にいるので、当然、その話は私にも聞こえており、驚いたBさんはAさんに・・・

Aさん、Aさん、酔っているんですか?
本人がいる目の前で、そんな、はっきりと言っちゃまずいですよ。
((((;゚Д゚)))))))

すると、Aさんは

いいのよ、いいのよ。
南雲さんとはそういうことが言い合える間柄になったんだから、もうなんでも言えるのよねー?南雲さん?

笑。そうですね。

・・・なんか、うれしかったデス。( ^ω^ )

着任当時の私は今よりもっと頭でっかちでした。こっちも何をどうやって進めればいいのか解らずに必死なので、余計に怖かったと思います。すいません・・。


窯元さんたちはほとんどが家業のため、学校を卒業してすぐに実家で働く方が多いです。

IMG_9437.jpg

窯元には必ずある神棚。毎日、新鮮な水と榊が備えられている。皆さん、大変信心深く、こうしたお参りはかかさない。

経営のやり方は、焼き物の作り方も含め、基本的には一代前の経営者がしていたことを引き継がれています。マニュアルや”引き継ぎ”によるものではなく、一緒に働くことで自然に身についたようにお見受けします。

ある窯元さんの経理も20年前から変わらないやり方でした。(ちなみに会計士さんを怒鳴ってしまったアノ窯元さんです。)ざざっと決算書を拝見して、経理担当である奥様に・・

コレとアレは、絶対に減らせます。
ただちに減らさないとまずい状況です。

まずは、お金の「入」りと「出」をみましょうか。
というわけで、お手製の”資金繰表”と”予算管理表”をエクセルで作って渡しました。
ところが、です・・。

1ヶ月経っても手づかず
あれ?(´・_・`)

南雲:「どうしました?」
窯元さん:「あの・・・なかなか経理をやる時間がなくて」
南雲:「じゃ、私なりに時間管理のコツがあるので、真似してみますか?」

毎日、様々な急ぎの仕事がふってくると、優先順位はわからなくなるよね、と思い、南雲流の時間管理を教えてみました。
で、2ヶ月経過。

あれ?
まだ、やっていない・・・。(´・_・`)

南雲:「あれ?なんでやらないんですか?」
窯元さん:「他に”いろいろと”急ぎの仕事があって」
南雲:「じゃ、ちょっと仕事量を調整してみましょうか。」

社長と相談して、職務と組織を変更してもらい、仕事量を減らしてもらいました。

3ヶ月目。
・・・まだ、やっていませんでした。(´・_・`)
・・
これはどうしたことだろう?(´・_・`)

会社が大変な状況で、ご本人もやる気なのに・・・(´・_・`)

P4020514

有田の目抜き通り。陶器市は以外は人通りもすくないが、ご覧の通りの風情のある街並み。

もしかして・・・

では、私と一緒に経理をやりましょう。

と、机に椅子を2つ並べてPCに前に座りました。

そして、郵便の束の中から請求書を出して、一つ一つハサミで開けて、その辺にあった「かご」にふり分けて、エクセルを開きました。

これは絵の具の請求書ですね。
どの費目にいれたらいいかわかりますか?

わからない?
では、会計士に聞きましょう。

見ていてください、と会計士に電話。念のため言っておきますが、私はどの費目か知っています。

絵の具は「材料費」という費目にいれるそうです。
で・・・この金額を材料費の費目の箇所に入れてっと・・・。

ということを、そこにあった請求書全部を一緒にやりました。

南雲:はい、終わりました。何分かかりました?
窯元さん:10分です。
南雲:そう、毎日たった10分のことなんですよ。
窯元さん:意外に簡単ですね!!!(喜)

IMG_9208

有田工業組合の壁には、窯元の屋号がかかれたタイルが貼られています。

この窯元さんの経理処理は、この日以降、毎日行われるようになり、もちろん会計士さんのサポートもあり、なんとか財務改善を図ることができました。

3ヶ月目にして、わかったのは、

「泳いだことがない」人には、「泳ぎ方」を教えただけでは怖くて泳げない人もいるということ。だから、最初は顔に水をつけてから泳ごうとか、とか、次は「ビート板」を使ってみようとか。

多くの経営者は孤独なものだと思いますが、歴史と伝統に守られた地域だとより孤高なのではないでしょうか。早く改善したくてうずうずして自分がいる一方で、窯元さんにとっては、伝統的なやり方を見直し、経営改革を進めるのはバンジージャンプを飛び降りるくらいの勇気がいる。

そうですよね?

と、冒頭の会話の後でそう聞いたら

窯元Aさん:やっとわかってくれた?笑
南雲:やっぱりそうでしたか!最近、ようやくわかってきましたよ。時にはハシゴをかけたり、段差を低くするとかすると、きっと、安心して次にジャンプできますよね?
窯元Aさん:そーそー

φ(。。)メモメモ…

その時、ふと思い出したのは、前職の社長が言っていた
「お前の思う7割でよしとしてやれ」でした。
主旨が違うとご本人から怒られそうですし、窯元さんに対しては、とっても偉そうで恐縮ですが、ふと思い浮かんでしまった言葉です。


<有田奮闘記の総集編>
1)掃除をさせてください!から始まった仕事(信頼関係の構築)
2)車を作るように焼き物を作ろう。(生産性)
3)別名「夫婦ゲンカ」という名の「経営改善会議」(コミュニケーション)
4)会計士さんを怒鳴ってしまったアノ日(財務会計)
5)社長、これでは儲かりません。(利益と原価)
6)ブランドは1日にしてならず。(ブランディング)
7)『知っている』と『できる』は違う、ってそういう事か!(実行あるのみ)
8)一人で生きていくのは難しい(コミュニティ形成)
9)好きなものを作るのはマスターベーション?(コンセプトの重要性)
10)どうして僕に継いでくれって言わないの?(後継者問題)

関連記事

  1. into 地方の経営者

    窯元さんの想いが詰まった「産地見学会」を開催しました。

    勇気を振り絞って、参加しました・・・。と語ってくれたのは某有名…

  2. into 地方の経営者

    蔵から出てきたお宝

    焼き物の絵付けには欠かせないのが、これ。「ナカダチ紙」…

  3. into 地域で頑張る人たち

    引き上げる想い(前半)

    4年間、佐賀県で夫を放置プレイで仕事をしておりましたが、今月末をもちま…

  4. into PR

    市場の価値観ってなんだろう?

    なにか新しいことをやる時はトテモドキドキするものです。それが伝統を重ん…

  5. into 地方の経営者

    おハゲができました(´Д` )

    わたくし10円ハゲができました。発見場所は美容院。ヘア…

  6. into 地方の経営者

    9)好きなものを作るのはマスターベーション?

    私が関わる諸々の業務の中でもメインオブジェクトであり、ハイライトである…

最近の記事

  1. into 有田観光

    塀に塗り込められたお宝
  2. into 有田観光

    日本初のバリスタ・タクシーできました!
  3. into PR

    へっぽこPR時代(後編1)
  4. into 有田観光

    ふにゃふにゃがうまい!「牧のうどん」
  5. into 地域魅力

    箱根を「温泉」でなく「土」で語る 自然が生み出す工芸品の魅力
PAGE TOP