into 私の思考

「考えを書いてはいけません。」

「考え」を書くのではありません。「感性」で書くのです。「知性と理性」が「感性」を支えてくれます。と、詩人であり随筆家の若松英輔さん。

1年前に親友から送られた本。実は小説や詩などは34歳の時に読むのをやめました。大学受験をするので、どうせ読むなら理論書を読もうと決めたから。なにごとも極端すぎるワタシ。笑


彼のようなシンプルなのに深くて共感力のある文章を書きたいと思い、若松ゼミに入ったのだが、思いも寄らないアドバイスがあった。

むむ??

考えを書かずして、一体、何をかくというのだ?

論文やビジネス文章ばっかり書いてきた自分としてはさっぱり理解できない。数ヶ月考えてみたけど、やっぱりわからない。

だって、文章というものは、読み手を想像し、理解してもらえるように書くよね?

じゃないと文章としての価値はない、、と思って今まで生きてきた。

実際、バーバラ・ミント先生も野口悠紀雄先生もそういっている。SFCのライティング技術法の高橋先生にはめちゃ御世話になって、こうした先生たちのおかげで電通の広告論文賞も受賞できたし、日経BPやForbes、朝日新聞などのメディアにも掲載してもらえるようになった。

私が文章作成する時のバイブル。学生にも読むようにと指示。

私のバイブルを眺めて気が付いた。

・・書くことは「表現」だ。

その表現方法はざっくり二つに分けられる。

アートかデザインか、だ。

アートは「問い」でデザインは「答え」。

だとすると、感性豊かな若松英輔ワールドはアート(問い)で、ビジネス文章はデザイン(答え)なのだ。

と、ここまで整理してから、若松さんに聞いてみた。

考えたことを書くのはいけないことなんですか?

すると、

「頭」で書くということは、「観念的」だったり「頭だけで考える」ようになるんです、と。

・・

なるほど・・

そうか・・

つまり体と心がひとつになる必要があるってことか。

泳ぎ方の本をいくら読んでも決して泳げやしない。実際に、水にはいり、体を水に浮かべて、手をかき、足をバタつかし、溺れそうになりながらもがいているとそのうち泳げるようになる。まずは、そこなのだ。

「理論」などの「知識」が必要になるのはその後。

「早く泳ぐ」とか「綺麗に泳ぐ」とかの「知識」は、まだ泳げない自分の中には存在しない。それは誰かが作った「答え」なのだ。

まず自分の体(内なるもの)に問いつつ、あれこれやってみる。そうすると何かが「生まれる」。

外からの知識が先にくることもあるが、基本は、まずやってみることだ。

自分の内と自分の外(他人の知識)と行き来することから得られるものが「知性」であり「理性」。そして「知恵」である。

私は、すっかりオトナになっちゃったってことか・・

でも、小学生の時の気持ちに戻ればいいのか・・

子供のような素直な気持ちで書いたとしても、四半世紀もの長い時間、私の人生(経済)を支えてくれた知性と理性は、その文章をも支えてくれる(はず)。

加えて、若松さんは言う。

詩は手紙です。そして、手紙はコトバの花束です、と。

詩は手紙・・

だったら、書いてみたいことがある。そう思って「詩」を書くことにした。ビジネス文章はしばらくお休み。もっと詩を書いたほうがいい、という若松さんのススメで詩を書く。

私は表現者でありたい。音楽を奏でることも、絵を思うように描くこともままならなくても、コトバなら付き合っていくことができる。

という訳で、たまに、そんな投稿が目につくようになると思いますが、泳いだことがない子供がジタバタもがいている、と思って暖かく眺めてくだされば嬉しいです。

Dive into myself.

関連記事

  1. into 私の思考

    あなたを雇う会社はない

    自分の審美眼を信じる2019年11月17日佐賀新聞「ろんだん…

  2. into 私の思考

    感性の磨き方

    今ある器を捨てなさい。2019年7月14日佐賀新聞「ろんだん…

  3. into 有田観光

    経済活動が止まる有田のお盆

    「すみません・・その日は働けません。」6月末のある日、窯元の奥…

  4. into PR

    へっぽこPR時代(後編1)

    いわゆる広報のノウハウ本は読んだことがありません。その代わり、一部のメ…

  5. into 私の思考

    手仕事されたモノが心地よい理由

    私は多分面倒くさい人なのかもしれない。美味しいモノや美しいモノに出会…

  6. into 私の思考

    感性を磨くためには

    焼き物の知識は殆どない状態で始めた仕事ですが、食器に関しては感…

最近の記事

  1. into 地方の経営者

    5)社長、これでは儲かりません。
  2. into 地方の経営者

    8)一人で生きていくのは難しい。
  3. into 有田観光

    有田までのベストな行き方教えます。
  4. into 地方の経営者

    4)会計士さんを怒鳴ってしまったアノ日。
  5. into 私の思考

    「考えを書いてはいけません。」
PAGE TOP