into 磁器産業

陶器と磁器って違うんだ!

new_IMG_0232

「磁器」と「陶器」。まとめて「陶磁器」と呼ぶことも。

右が「磁器」、左が「陶器」。

この違いが解る方は焼き物通です。

・・言い過ぎかも。

「焼き物初級編はクリアー」と言った所でしょうか。

でも、私の感覚値でこの違いを知っていた人は全体「30%」でしょうか。(友人調査による感覚値)。男性限定になると「10%」くらいのような気がします。

見た目も含めその違いを簡単な表にすると以下の通りです。

陶器(土もの) 磁器(石もの)
陶器 磁器
原料
代表的な製品例 備前焼/唐津焼 有田焼/瀬戸焼

簡単にいえば、原料が「石」「土」の違いなだけです。

おおお!
たしかに!

って今となってはかなり当たり前なんですが、半年前の私は「色々な言い方がある」程度に思っておりまして・・・まぁ、別に恥ずかしく有りません。石も土も鉱物ですから!(と、いばるほどのこともありませんが..)

こちらの用語では「土もの」とか「石もの」と呼んだりします。

私と同じレベルの方はぜひお店に行った時などにでも「やはり、石ものはいいですね」などと言ってみてください。会話がはずむ/はずまないはともかく、こういう言葉を使うことが「焼き物ツウ」の第一歩かと。

とはいえ、この2つの見分けがつかないことがあります。焼き物初心者をクリアーした私でも、あれ?と思うものはあるのです。例えば、磁器の場合、釉薬(上薬のことです)がたっぷりかかっているものは、すぐには解りません。

簡単な見分け方

1)爪先でフチを軽く叩く。
磁器は「カンカン」「キンキン」とガラス音、
陶器は「コンコン」「ゴンゴン」と鈍い音がします。
磁器の「石」(や釉薬)にはガラス成分である「石英」が含まれます。なのでガラス音がするのです。

2)後ろを見る。
商品を裏返して、丸い輪の部分(高台(こうだい)と言いますが)が茶色くざらついているのは陶器、白くてなめらかできれいなのは磁器です。

ちなみに・・・
陶器は1000〜1300度で焼きます。
磁器は、更にそれより高い温度の1300〜1400度で焼きます。磁器のほうが燃料費がかかるのです。

半磁器という「石」と「土」を半々にしている焼き物もあるので、かならずしも、どちらかに分かれる訳ではないので念のため。

ちなみに電柱についている白いモノ=碍子(がいし)は磁器でできています。蘭の美しい文様で有名な有田焼の老舗の「香蘭社」は日本で最初に碍子をつくった企業。現在も碍子は主力産業であり、市場シェア第三位です。

new_IMG_0233

関連記事

  1. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(下)

    地域ブランディングは「認知」から2019年6月2日佐賀新聞「…

  2. into 地域魅力

    経済活動止まる有田のお盆

    価値観を理解し、風習を共有2019年8月25日佐賀新聞「ろん…

  3. into 地方の経営者

    有田焼きが一目おかれる理由。

    ・・・ごっつい焼き物!ではなく、これは焼き物を成形するための「…

  4. into 地方の経営者

    「柿右衛門窯」に行ってきました。

    先日、有田焼きのナンバーワンブランド「柿右衛門窯」に行ってきました。柿…

  5. into PR

    へっぽこPR時代(前編)

    母校で「パブリックリレーションズ戦略」の授業の講義をしています。そこで…

  6. into PR

    へっぽこPR時代(中編)

    諸般の事情で、突如、5月から母校(SFC)の「パブリックリレーショ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. into 地方の経営者

    3)別名「夫婦ゲンカ」という名の「経営改善会議」
  2. into 地域魅力

    箱根を「温泉」でなく「土」で語る 自然が生み出す工芸品の魅力
  3. into 私の思考

    感性の磨き方
  4. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(上)
  5. into 地方の経営者

    1年後に「点」と「点」がつながった。
PAGE TOP