into 有田観光

「価値」あるゴミ

new_IMG_9667

興味のない人にはゴミでしょうが・・いえ、実際、当時はゴミだったんですが、でも「これは江戸時代のものだよ」とか言われると・・・

あら、不思議♥

なんだか価値あるものに見えてきます。でも、もし、興味があっても持って帰ってはいけません。

いわゆる「盗掘」になります。

欲しい人は警察に届ける。持ち主がでてくることはほとんどなく、お宝認定されなければ、数年後には公明正大に自分のものになります。

さて、こちらの陶片は、

2015年の2月に発掘された正真正銘のお宝です。(平成26年度山辺田遺跡発掘調査より)

new_IMG_9662

これは、当時の有田の職人さんが作陶の手本として使われた景徳鎮で作られた最高級品の茶わんの一部です。

当時は、中国の技術は最高のものとされていたので、有田の職人さんは、少しでもそのレベルに近づこうと必死で努力したはず・・・と、、発掘調査の見学に参加した時に、私の後ろにいた職人さん同士が感嘆していました。

お散歩で遭遇する「陶片たち」

new_IMG_9664

これはいつの時代のだろうか?

手でほじくりながらが、それがわかったらお宝鑑定団に出られるかも、と更に妄想は膨らみます。有田に来られたら、足下にも注意しながらお歩きください。

ちなみに川の中にも陶片はたくさんあります。
new_IMG_9578

昔は傷がついた焼き物や失敗作を地面に投げ付けて壊してそのまま放置。山なので川に流れ込む。

もしくは

直接、川に廃棄。

産業廃棄物と言ってしまえばそうですが、そう見えなくなってしまったのは、もう焼き物フリークになってしまった証拠なのかもしれません。

関連記事

  1. into 有田観光

    日本初のバリスタ・タクシーできました!

    タクシーにバリスタ乗せたら面白くないですか?こんなノリで始まった企…

  2. into 有田観光

    焼き物が落ちない理由をチョイと調べてみました。

    有田に来るとみなさん驚くのが、今にも落ちそうなほど、ギリギリに置かれた…

  3. into 地方の経営者

    窯元さんの想いが詰まった「産地見学会」を開催しました。

    勇気を振り絞って、参加しました・・・。と語ってくれたのは某有名…

  4. into 有田観光

    塀に塗り込められたお宝

    東京から愛車のチビカーを陸送してきた私。魅力的な商店が…

  5. into 磁器産業

    お尻からドンドン出てくる有田焼

    本日のテーマは「トンネル窯」。「トンネル窯」の特徴は、24時間36…

  6. into 有田観光

    雪 DE 温泉旅館。

    先日の大寒波は九州に35年ぶりに大雪を降らしました。その日は男…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. into PR

    へっぽこPR時代(後編2:最終回)
  2. into 地方の経営者

    7)『知っている』と『できる』は違う、ってそういう事か!
  3. into 地域で頑張る人たち

    農業も窯元も「サービス業」のスキルが必要な時代へ
  4. into 磁器産業

    お尻からドンドン出てくる有田焼
  5. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(上)
PAGE TOP