into 有田観光

焼き物が落ちない理由をチョイと調べてみました。

有田に来るとみなさん驚くのが、今にも落ちそうなほど、ギリギリに置かれた焼き物や素地をよく見ます。しかも上のほうに・・・。

これ、地震がきたら一発でおちるでしょ!!(||゚Д゚)ブルブル…でも、こうしているってことは、落ちない自信があるんですよね・・きっと。というわけでチョイと調べてみたら驚きの真実がありました。

データをご紹介する前に、初めてこの地に降り立ったトウキョウモンになった気分でご覧くださいませ。

IMG_0083

素地だけではなく焼きあがった高そうな焼き物も上の方におかれています。しかもギリギリに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

背の高いもの、首の長いものは、ちょっと揺れただけでバランスを崩してしまいそうです。

DSC00586

重い型をここまで重ねている。本当に重いので足の上に倒れたら骨が折れるか捻挫するでしょう。そもそも垂直おかれているわけでもないので、すでにグラグラしています。

そばを通る時はいつもドキドキ・・。

などとと思う「トウキョウモン」はやはり多いらしいです。

そりゃそうです。だって、

東京は地震が多い場所の上位ランキング(2014年震度1以上が152回で9位)なんですもの。

だから、こんな光景に出くわすとドキドキしてしまのです。

しかし、有田の人は口を揃えて言う。

「有田には地震がないんですよ〜」

ホント?と若干疑いながら調べてみると、

おお!!!

なんてことだ。

有田がある「佐賀県」は日本で一番地震が少ない県なのだ!(2014年度は47位(最下位))

詳細はこちら

スクリーンショット 2016-01-23 13.18.01

出典:「全国地震動予測地図2014年版」

日本地図を掲載しておいてなんですが、ふと思いました。
みなさん、佐賀県ってどこにあるかわかってますよね?
・・・

え?

わからない?

・・・はい、こちらです!

白地図にオレンジをつけてあげましたので、覚えておいてくださいね。
余談ですが佐賀県の魅力度ランキングってなんと46位(ソースはこちら)
知らないってもったいですね。

 

スクリーンショット 2016-01-23 13.28.13

佐賀県はココにあるYO!

有田に来るとわかりますが、有田は岩山の上にあります。その岩山は磁器の原料の「磁石」。おそらく佐賀県のほとんどが硬い岩盤の上にあるのかもしれません。

磁石を含む層が露出している山肌

磁石が酸化してサビがでている岩肌。街から抜けるとこのような岩肌はよく露出している。

ともかくも、有田の地におりたった時には、私は今、焼き物の原料の上に立っている!とご認識いただけるとよろしいかと。

そして、今にも落ちそうな焼き物をみても・・・

安心してください。

地震、ありませんから!

関連記事

  1. into 有田観光

    ふにゃふにゃがうまい!「牧のうどん」

    本日の昼食は「牧のうどん」。北九州のご当地食の一つです。どれだ…

  2. into 有田観光

    焼き物フリーク必訪!磁器でできた神社

    通称「焼き物の神様」が祀られている神社が「陶山神社」。ここは、有田…

  3. into 地方の経営者

    窯に「アート」を持ち込んだ窯元

    仕事の合間に遊びにいく窯元の一つがここ「幸楽窯」さん。創業150年の老…

  4. into 磁器産業

    陶器と磁器って違うんだ!

    「磁器」と「陶器」。まとめて「陶磁器」と呼ぶことも。右…

  5. into 有田観光

    経済活動が止まる有田のお盆

    「すみません・・その日は働けません。」6月末のある日、窯元の奥…

  6. into 地方の経営者

    「有田焼きブランド」を超えている「柿右衛門ブランド」

    前回、前々回と「柿右衛門窯」について超簡単にご紹介しましたが、そもそも…

最近の記事

  1. into 地方の経営者

    蔵から出てきたお宝
  2. into 地方の経営者

    おハゲができました(´Д` )
  3. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(上)
  4. into 地域で頑張る人たち

    農業も窯元も「サービス業」のスキルが必要な時代へ
  5. into 有田観光

    バックヤードで器を掘り出そう!幸楽窯
PAGE TOP