into 地域魅力

ワインに詳しくない私がワインを選ぶ、もう一つの方法

Forbesさんに大して詳しくもないのにワインのことを書きました。

表向きはワインのことですが、本質はワインのことではありません。日本酒は確実に同じことがいえます。もしかしたら、焼酎も、ひょっとしたらお茶も言えるのかもしれません。

差異があるものは必ずその理由があります。地域によって異なる場合、大抵、その差異の源は「土」もしくは「地形」か「歴史」に理由があります。

よかったらご一読ください、

https://forbesjapan.com/articles/detail/33233

関連記事

  1. into 地域魅力

    下道、どうでしょう?〜14県のご当地モン発見の旅〜

    佐賀県から東京都までの約1800キロの距離をポンコツ軽自動車で8日間か…

  2. into 地域活性化

    林業の町を観光で活性化する(1)

    「林業」は、きこりとか林野庁や、製材所や木工職人などの木に関わる人た…

  3. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(下)

    地域ブランディングは「認知」から2019年6月2日佐賀新聞「…

  4. into 地域魅力

    箱根を「温泉」でなく「土」で語る 自然が生み出す工芸品の魅力

    FORBESさんに書きました。今回は「箱根」。「土」とか「地形」から…

  5. into 地域魅力

    鹿児島と芋焼酎 切っても切り離せない「土」の関係

    ご縁があってFORBESさんに連載を持つことになりました。こ…

最近の記事

  1. into 地域で頑張る人たち

    引き上げる想い(前半)
  2. into 地域魅力

    鹿児島と芋焼酎 切っても切り離せない「土」の関係
  3. into 地方の経営者

    6)ブランドは1日してならず。
  4. into 磁器産業

    陶器と磁器って違うんだ!
  5. into 有田観光

    「価値」あるゴミ
PAGE TOP