into 地域魅力

鹿児島と芋焼酎 切っても切り離せない「土」の関係

ご縁があってFORBESさんに連載を持つことになりました。

この連載では1度やれば誰でも名乗れる「元」広報という不変な立場(笑)で、全国を旅して発見した「地域魅力」をご紹介していきます。

「どんな地域でも、人の暮らしがある限り、必ず魅力はある」と思っており、それを読み解くには「土」「地形」「歴史」の3つの視点があればできると考えています。

実は、その考え方を基にした「地域事業の戦略立案」的な講義を首都大学東京(都立大学)で2年間やっていました。

学生さんそれぞれが抱える問題意識をベースに「あなたが箱根に宿屋を作ったら」というテーマで事業計画を作るのが最終課題。その時ももちろん「土」「地形」「歴史」を軸に掘り下げるという手法を使いました。

お時間のある時に記事を覗いていただけると嬉しいです。https://forbesjapan.com/articles/detail/31277

関連記事

  1. into 地域魅力

    箱根を「温泉」でなく「土」で語る 自然が生み出す工芸品の魅力

    FORBESさんに書きました。今回は「箱根」。「土」とか「地形」から…

  2. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(下)

    地域ブランディングは「認知」から2019年6月2日佐賀新聞「…

  3. into 地域活性化

    林業の町を観光で活性化する(1)

    「林業」は、きこりとか林野庁や、製材所や木工職人などの木に関わる人た…

  4. into 地域魅力

    ワインに詳しくない私がワインを選ぶ、もう一つの方法

    Forbesさんに大して詳しくもないのにワインのことを書きました。…

  5. into 地域活性化

    地域魅力の見つけ方

    土・地形・歴史を見る2019年1月27日佐賀新聞「ろんだん佐…

最近の記事

  1. into 私の思考

    2017年にやったオモロイ仕事
  2. into 地方の経営者

    胸をはって、子供に言えますか?
  3. into 地方の経営者

    10)どうして僕に継いで欲しいって言わないの?
  4. into 地域で頑張る人たち

    ニーズにないものを作るということ
  5. 未分類

    佐賀県でヒットしている「地域魅力」はこうして作られた
PAGE TOP