into 私の思考

妙な緊張感で書きました。

母校の機関誌に妙な緊張感と共に書かせていただきました。

お世話になった恩師たちの目に止まるかもしれないなぁ、と思うと妙に緊張してしまいました。

この感触はアレに似ています。

アレとは、両親に自分の成長を見せる、たとえば学芸会とか運動会などの場面で感じる、照れくささと誇らしさと、、失敗して怒られたらどうしようとか、がっかりされたらどうしよう、という緊張感がないこぜになった複雑な気持ちのこと。みなさんは、そんな気持ち、ないですか?

両親にはついに「私の発表を見に来てね」と言えませんでした。高校生の時、エレクトーンの発表会に、こっそり見に来て、こっそり帰っていった父親の後ろ姿がありました。ああ、悪いことをしたな、、、ととても申し訳なく思った記憶があります。

今回は、先生たちに「教え子の一人です。ぜひ、読んでください。」とお伝えすることができました。もう一人、同校出身で偉大なる先輩であり、歴史に残る偉大な某経営者には、まだ照れ臭いので「あなたの会社で学びました。ありがとうございます。」と感謝の気持ちを心の中でお伝えしました。まだまだ未熟者な私です。

本文とは全く関係ないコメントで大変失礼しました。
肝心の本文はこちらからご笑覧いただけます。

https://www.mita-hyoron.keio.ac.jp/featured-topic/2020/12-1.html

 

 

 

関連記事

  1. into 私の思考

    感性の磨き方

    今ある器を捨てなさい。2019年7月14日佐賀新聞「ろんだん…

  2. into PR

    市場の価値観ってなんだろう?

    なにか新しいことをやる時はトテモドキドキするものです。それが伝統を重ん…

  3. into 地域で頑張る人たち

    ニーズにないものを作るということ

    アートと資本原理は相反すると思います。なぜなら、アートはニーズにないか…

  4. into 私の思考

    2017年にやったオモロイ仕事

    皆さん、こんにちは。ブログを書くのを、とある理由で躊躇するよう…

  5. into 私の思考

    それは、本当に「考えた」か?

    やめちまえ。実際は、もう少しだけ丁寧な言葉でしたが、そのお方は…

  6. into PR

    へっぽこPR時代(前編)

    母校で「パブリックリレーションズ戦略」の授業の講義をしています。そこで…

最近の記事

  1. into 有田観光

    ふにゃふにゃがうまい!「牧のうどん」
  2. into 地方の経営者

    「有田焼きブランド」を超えている「柿右衛門ブランド」
  3. into 地方の経営者

    ブランドは信仰だ!と思えると結構うまくいく
  4. into 地方の経営者

    胸をはって、子供に言えますか?
  5. into 有田観光

    焼き物フリーク必訪!磁器でできた神社
PAGE TOP