into 私の思考

妙な緊張感で書きました。

母校の機関誌に妙な緊張感と共に書かせていただきました。

お世話になった恩師たちの目に止まるかもしれないなぁ、と思うと妙に緊張してしまいました。

この感触はアレに似ています。

アレとは、両親に自分の成長を見せる、たとえば学芸会とか運動会などの場面で感じる、照れくささと誇らしさと、、失敗して怒られたらどうしようとか、がっかりされたらどうしよう、という緊張感がないこぜになった複雑な気持ちのこと。みなさんは、そんな気持ち、ないですか?

両親にはついに「私の発表を見に来てね」と言えませんでした。高校生の時、エレクトーンの発表会に、こっそり見に来て、こっそり帰っていった父親の後ろ姿がありました。ああ、悪いことをしたな、、、ととても申し訳なく思った記憶があります。

今回は、先生たちに「教え子の一人です。ぜひ、読んでください。」とお伝えすることができました。もう一人、同校出身で偉大なる先輩であり、歴史に残る偉大な某経営者には、まだ照れ臭いので「あなたの会社で学びました。ありがとうございます。」と感謝の気持ちを心の中でお伝えしました。まだまだ未熟者な私です。

本文とは全く関係ないコメントで大変失礼しました。
肝心の本文はこちらからご笑覧いただけます。

https://www.mita-hyoron.keio.ac.jp/featured-topic/2020/12-1.html

 

 

 

関連記事

  1. into 地域活性化

    林業の町を観光で活性化する(1)

    「林業」は、きこりとか林野庁や、製材所や木工職人などの木に関わる人た…

  2. into 磁器産業

    陶器と磁器って違うんだ!

    「磁器」と「陶器」。まとめて「陶磁器」と呼ぶことも。右…

  3. into 地域活性化

    地域魅力の見つけ方

    土・地形・歴史を見る2019年1月27日佐賀新聞「ろんだん佐…

  4. into 私の思考

    境界を越える時は

    世の中には見えない境界がある。コロナが蔓延して、人や国の境界…

  5. into 地方の経営者

    1年後に「点」と「点」がつながった。

    三年前から経営指導しているある窯元さんが開口一番に、窯元さん:…

  6. into 私の思考

    美が越境するために必要なこと

    美しいものを語り合う時、私は愛を感じる。 逆説的だが、美しい…

最近の記事

  1. into 地方の経営者

    8)一人で生きていくのは難しい。
  2. into 地方の経営者

    柿右衛門窯にある「柿」を語れれば、焼き物ツウに。
  3. into 地方の経営者

    2)車を作るように焼き物を作ってみよう!
  4. 未分類

    マイクロツーリズム時代に求められる「広報」の力
  5. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(上)
PAGE TOP