into 私の思考

美が越境するために必要なこと

美しいものを語り合う時、私は愛を感じる。

 逆説的だが、美しいと思う気持ちは人それぞれ。その人自身の主観だ。

 自分の審美眼は人とは違う。それを大前提として、なぜ、それを美しいと思ったのか、そのことについて他者と分かち合う時に美は越境するのだと思う。

 最近まで美しいものを美しいとは言えなかった。自分の審美眼に全く自信が持てなかったからだ。

 それがある時から言えるようになった。

 絵を習い始めた時だ。その先生は絵の基本であるデッサンには3つのポイントがあると言う。

・重さ
・動き
・手触り

被写体の形を写し取るのではない。目だけで描かないように。そして、影は描かないで、と。

被写体に触れる時は手にとり、そうでない時は頭の中で猛烈にイメージする。この練習をひたすらに行い、生徒同士で何を感じたかを話し合う。

その時に、他者を否定できないものがあることに気がついた。

重さ、動き、手触りは、その人だけの感覚なのだ。

だから、他人のデッサンをみて「いや、重くないでしょ」とか「その手触りは間違っている」とは言えないのである。人の感覚は自分のものとは違う。当たり前のように思うが、実際に経験してみると、心の底からそう思う。人の感覚だけではなく、自分の感覚も人から否定されるものではない。そう思えた時に初めて「これでいいのだ」と思えた。

 美がやすやすと共有できる環境は平和であろう。まずは、人から否定されるのを怖がらない。そして、人が感じる美しさに心を向ける。付け加えるなら、美について語れる表現力も欲しい。そうして美を分かち合えた瞬間に心が通じ合い、愛を感じるのではないか、私はそう思う。

※「民藝四十年」を読んでインスパイアーされて書いたエッセイ

関連記事

  1. into PR

    就活に想う(2):コウホウやりませんか?

    「日本」のために働きたいのに「日本(のメーカ)」から拒絶されて凹み、し…

  2. into 私の思考

    2017年にやったオモロイ仕事

    皆さん、こんにちは。ブログを書くのを、とある理由で躊躇するよう…

  3. into 私の思考

    感性を磨くためには

    焼き物の知識は殆どない状態で始めた仕事ですが、食器に関しては感…

  4. into 地域活性化

    林業の町を観光で活性化する(1)

    「林業」は、きこりとか林野庁や、製材所や木工職人などの木に関わる人た…

  5. into 私の思考

    あなたを雇う会社はない

    自分の審美眼を信じる2019年11月17日佐賀新聞「ろんだん…

  6. into 私の思考

    手仕事されたモノが心地よい理由

    私は多分面倒くさい人なのかもしれない。美味しいモノや美しいモノに出会…

最近の記事

  1. into 地域魅力

    鹿児島と芋焼酎 切っても切り離せない「土」の関係
  2. into PR

    へっぽこPR時代(中編)
  3. into 地方の経営者

    ブランドは信仰だ!と思えると結構うまくいく
  4. into 私の思考

    妙な緊張感で書きました。
  5. into 地方の経営者

    「有田焼きブランド」を超えている「柿右衛門ブランド」
PAGE TOP