into 地方の経営者

1年後に「点」と「点」がつながった。

三年前から経営指導しているある窯元さんが開口一番に、

窯元さん:南雲さんっ、昨日、テレビで元京セラの稲盛さん南雲さんと同じこと言ってたんです!

 

!?(・_・;?

南雲:あの・・稲盛さんは、なにをお話しされてましたか?

 

窯元さん:たしか・・マーケティングの話だったかと思います。マーケティングは経営に必要なんですね!

微妙に異なるかもしれませんが、そんな感じのことをおっしゃいました。

南雲:そ、そ、そうですね。ただ、恐れ多くも稲盛さんも、私でさえも思いつきで言ってる訳ではなくて、割と(割とじゃないけど)経営に必要な原則を言っているんですけどね。

窯元さん:へえ、そうなんですか!

南雲:(ん?今いう??)

窯元さん:なんか聞いたことがある話だな、と思って、よく聞いたら、南雲さんが昔、同じこと言ったと。へえぇ、そうなんだって!!思いました。(にっこり)


更に別な日。
窯元さん:南雲さん〜!昨日、うちに某国営局の人が取材できたんですけど、その人、南雲さんと同じこと言ってました!

南雲:なんて言ってたんですか?

窯元さん:まずは、目標を決めてから計画を立てましょう!って。



南雲:へ?ってことは・・・今まで、私が言ったことはなんだと思ってたんですか?(^_^;)

窯元さん:え、いや、あの、そーだと思ってましたよ。(モジモジ)でも、やっぱり、そうなんですね!

南雲:(爆)

ある窯元さんが始めた生産計画スキーム

 

いずれも、言ったのは1年とか半年前なんです。

あの時は、マーケティングや事業計画の話をしたのですが、どうやったら、わかってもらえるのかなと悩む日々でした。

 

 

私の教え方に100%問題あったのですが、ともかくも、その窯元さんは、1年前の「点」と「点」がピカーンとつながったのです。脳でいうところの、シナプスが結ばれたと言ったところでしょうか。

その窯元さんは、今も、見ていて楽しい/頼もしいほどに、ものすごい勢いで進化しています。3年前は、PCはおろか、Wifiもなかったのに。それが今はFACEBOOKはもちろん、インスタもバリバリ使いこなしている。人は、一度ピカーンときたら、あとはすごい勢いで吸収するんだと。だったら、こちらも知っていることはなんでも教えてあげよう!という気持ちになりました。

伊万里に向かう道

さて、2017年6月に不意に降ってきた母校SFCの大学講師の仕事。
生徒さんは、どうしたら、ピカーンときてくれるのか・・。

続きは次回。

 

関連記事

  1. into 地方の経営者

    5)社長、これでは儲かりません。

    社長、この商品は全く儲かりませんよ。むしろ、作れば作るほど赤字です。…

  2. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(下)

    地域ブランディングは「認知」から2019年6月2日佐賀新聞「…

  3. into 地方の経営者

    「有田焼きブランド」を超えている「柿右衛門ブランド」

    前回、前々回と「柿右衛門窯」について超簡単にご紹介しましたが、そもそも…

  4. into 地方の経営者

    8)一人で生きていくのは難しい。

    これが地方というものなんだ・・・。経営者は孤独なものだと思いま…

  5. into PR

    へっぽこPR時代(前編)

    母校で「パブリックリレーションズ戦略」の授業の講義をしています。そこで…

  6. into 地方の経営者

    2)車を作るように焼き物を作ってみよう!

    有田には約150もの窯元がありますが、お互いの窯を訪問しあうことありま…

最近の記事

  1. into 有田観光

    有田は「自転車」か「歩き」で回るのがオススメです。
  2. into 地方の経営者

    最強の3大魅力(温泉×焼き物×お茶)がある嬉野で”まちづくり”をやります。
  3. into 地方の経営者

    6)ブランドは1日してならず。
  4. into 私の思考

    旅が教えてくれたこと。
  5. into 地域活性化

    引き上げる想い(後半)
PAGE TOP