into 有田観光

日本初のバリスタ・タクシーできました!

タクシーにバリスタ乗せたら面白くないですか?
こんなノリで始まった企画がようやく完成し、ついに2016年1月末から佐賀空港<>有田町のリムジンタクシー(片道1人2000円)運行が始まりました。有田にいらっしゃるベストウェイは佐賀空港+リムジンタクシーです。詳しくはこちら

ともかくも、先日、ようやく、乗ることができましたので、その便利さと快適さをお伝えしましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

佐賀県<>有田町の送迎もやっています。片道1人2000円 要予約:0955−43-2121 観光協会

車内で極上のコーヒーが素敵な有田焼で飲めるんです。
しかも飲み放題!

P3040067

コーヒーマシーンはネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ。コーヒーはネスカフェ香味焙煎。

バリスタタクシーは有田の観光タクシーとしても利用されている一方で、佐賀空港と有田町を結ぶリムジンタクシーとしても活躍しています。

佐賀空港から有田までは片道1時間半。のどかな田園風景をコーヒー飲みながら快適ドライブが楽しめます。

しかも、たった2000円。

そういえば・・有田までどうやっていけばいいの?という問い合わせがとっても多いことを思い出しました。次回、まとめてお知らせします。

ともかくも、このタクシーはとても人気があり、関係各所から台数を増やして、、とお願いしていますが、少し様子見なところもあるので、ぜひ、みなさん、活用してください。

こちらが、このタクシーの発案者である有田タクシーの社長「三枝(みえだ、と読みます)」さん。
P3040077

このバリスタタクシーのきっかけとなったのは、いくつかステップがあり、最初のステップは、前職で親しくしていたネスレのKさんに「美味しいコーヒーは本物で器で飲んだほうがより美味しい!」と力説したことから始まります。

「それいいですね!じゃ、有田焼きでカップ&ソーサーを作りますか。」と。

ノリの大変よろしいKさんはプライベートのついでにひょこっと有田までおいでになりました。かつての私同様、焼き物の作り方を知らないKさんに、ここまでは簡単にできるが、ここからは難しい、だから、こうしてああすると、こんな感じになります、とお話ししました。

異業種コラボはお互いに知らないことを学び、その上で、お互いの強みを生かそうとすると、とても良いものができます。

完成品はこちら。じゃーん。

スクリーンショット 2016-03-22 17.35.44

収穫最盛期の中でもごく限られた期間で収穫された「厳鮮豆」を使用したネスカフェ 香味焙煎専用のカップ&ソーサーの完成!ちなみに、このコーヒーは、コーヒーの抽出液に微粉砕のコーヒー豆を混ぜてから乾燥させたものだそうです。香りが画面からただよってきそうなシズル感たっぷりなCMもしびれます。

ちなみに、このカップ&ソーサーを作ったのは幸楽窯。次々と提案がでてくるのは、マーケティング思考とモノツクリが好きで、ノリが良い社長だからでしょうか。

new_P4180227

幸楽窯でアーティストが窯焼きに使う廃材でつくった作品

そんな人たちのご縁が発展してバリスタタクシー完成とあいなりました。

オモシロイもの好きだと、やっぱり面白い企画に発展すると思います。有田のような伝統と歴史に培われた町で、異色のことをやろうと思うと、いろいろなハードルはありますが、そんな人たちも応援していければと思っています。

 

▶︎リムジンタクシー
利用希望日の前日17時までに予約。お一人様からでもご利用いただけます。
予約受付時間:8時30分~17時 (予約は利用希望日の前日17時まで)
連絡先:有田観光協会(0955-43-2121)
料金:片道1人2000円
詳細:http://www.arita.jp/news/002362.html
注:ただし、リムジンタクシーがバリスタタクシーになるかどうかは限定されており奇数月(1,3,5,7,9,11月)の運行と他の予約、それに人数の関係でその限りではありません。まずは、ご確認を。

▶︎幸楽窯 徳永陶磁器株式会社 :http://kouraku.jp.net/
〒844-0023 佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙2512
TEL 0955-42-4121

関連記事

  1. into 地方の経営者

    「有田焼きブランド」を超えている「柿右衛門ブランド」

    前回、前々回と「柿右衛門窯」について超簡単にご紹介しましたが、そもそも…

  2. into 有田観光

    バックヤードで器を掘り出そう!幸楽窯

    うわーーー♥すごーい!この食器の海!!!ここは、慶…

  3. into 有田観光

    経済活動が止まる有田のお盆

    「すみません・・その日は働けません。」6月末のある日、窯元の奥…

  4. into 地方の経営者

    窯に「アート」を持ち込んだ窯元

    仕事の合間に遊びにいく窯元の一つがここ「幸楽窯」さん。創業150年の老…

  5. into 有田観光

    「価値」あるゴミ

    興味のない人にはゴミでしょうが・・いえ、実際、当時はゴミだった…

  6. into 有田観光

    雪 DE 温泉旅館。

    先日の大寒波は九州に35年ぶりに大雪を降らしました。その日は男…

最近の記事

  1. into 有田観光

    バックヤードで器を掘り出そう!幸楽窯
  2. into 磁器産業

    お尻からドンドン出てくる有田焼
  3. into 地方の経営者

    「有田焼きブランド」を超えている「柿右衛門ブランド」
  4. into 有田観光

    塀に塗り込められたお宝
  5. into 地域で頑張る人たち

    在庫が宝になる。吉田焼の成功に見る「マイクロツーリズム」の未来
PAGE TOP