into 地方の経営者

”夫婦愛”もRevitalization(活性化)?

このプロジェクトのおかげで夫婦の会話が増えたんですよ。

と、窯元さんたちが言ってくれる。

そ、そっか!それは、良かった!(*´∇`*)

ーーーーーー

有田の窯元のほとんどは家族経営です。

旦那さまは社長(兼職人)
奥様は専務(兼職人)

などの役割を担って、1日中、二人一緒にいます。

お見受けする限り、ご夫婦の会話はあまり多くない・・気がしました。

曰く、「言わなくてもわかるから」

・・・

そーかな・・・?

夫婦とはいえ、自分の考えが100%、相手に伝わるなんてナイと思う。伝わっている/解っていると思っているのは自分だけですよ。きっと。

ブランディングの最初の難関は、ビジョンの明確化です。

職人家業の多くは世襲制で、家督は長兄もしくは次の男子、男子がいない場合は養子か婿養子だったりすることも少なくない。老舗度が高いと「跡継ぎ」のプレッシャーも高く、幼少のころから親に「継ぐのはお前」と言われて育ったりして、将来の夢を考える間もなく、気がついたら経営者だったお父さんの席に座ることに。こんなにすてきな仕事なのに、そんなものなのね、などと思いますが、ともかくも、気がついたら、この仕事をしていた人もおられます。

だから、

●やりたいことはなんですか?
●どうなりたいんですか?

という質問で「!?」となることも多い。(もちろんならない方もいますので念のため。)

でも、ここで踏ん張って考えてもらわねば。

有田焼の産業がかつての8分の1になっている状況で、生き残りをかけていろいろなモノコトと戦うためには、行き先はココだ!ココを目指すんだ!と決めねばならぬ。

というわけで、改めて、自分の強みを見つめ直し、夢だとか、将来だとかを思い出してもらうのですが、これは一人では決められない。だって、夫婦だから。

というわけで、夫婦で会話してもらうわけです💕

時には、言い合いになりながら、思っていることや、やりたいことを話す。

数ヶ月後、ふと気がつくと、今までは単語とか目で合図(?)で会話をしていたご夫婦がちゃんとした会話をするようになっていました。

私の家で開催される寺子屋(ムツカシイことを楽しく勉強しよう!の会)では、夫婦で肩を寄せ合って、「南雲さん、相変わらず、厳しかね・・・」とかコソコソ喋りながら勉強しています。笑

私の密かな楽しみは、窯元さんの会社から退出するときに、車のバックミラーに映る二人の間の距離がだんだん縮まってくるのを見ること。いつか、二人が手とか繋いで見送ってくれるとうれしいな。

IMG_9789

 

関連記事

  1. into 地方の経営者

    6)ブランドは1日してならず。

    あなたたちは何もわかっていない!と怒った自分がわかってなかったこと。…

  2. into 地方の経営者

    7)『知っている』と『できる』は違う、ってそういう事か!

    先日の寺子屋(有田の家に窯元さんを集めた勉強会)で窯元AさんがBさんに…

  3. into 地方の経営者

    8)一人で生きていくのは難しい。

    これが地方というものなんだ・・・。経営者は孤独なものだと思いま…

  4. into 地方の経営者

    窯に「アート」を持ち込んだ窯元

    仕事の合間に遊びにいく窯元の一つがここ「幸楽窯」さん。創業150年の老…

  5. into 地方の経営者

    「有田焼きブランド」を超えている「柿右衛門ブランド」

    前回、前々回と「柿右衛門窯」について超簡単にご紹介しましたが、そもそも…

  6. into 地方の経営者

    蔵から出てきたお宝

    焼き物の絵付けには欠かせないのが、これ。「ナカダチ紙」…

最近の記事

  1. into 地方の経営者

    蔵から出てきたお宝
  2. into 有田観光

    雪 DE 温泉旅館。
  3. into 地方の経営者

    8)一人で生きていくのは難しい。
  4. into 地方の経営者

    5)社長、これでは儲かりません。
  5. into 地方の経営者

    最強の3大魅力(温泉×焼き物×お茶)がある嬉野で”まちづくり”をやります。
PAGE TOP