into 地方の経営者

柿右衛門窯にある「柿」を語れれば、焼き物ツウに。

前回につづき、柿右衛門ネタです。トヨタとも異なる、この日本ブランドのあり方というか成り立ちについて色々思う所がある今日この頃です。

さて、酒井田さんにご案内されて庭に。ふと、上を見ると、柿が実にいい感じに・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おお!?
あ、あれが「柿右衛門」の柿ですね!

と少々コーフン気味に質問。

「柿右衛門」は、教科書にも載ったお話であり、歌舞伎の演目にもなっています。

その昔、有田焼の色は青(呉須)しかありませんでした。初代柿右衛門こそが、この「赤」を生み出したのです。その開発には大変な苦労があったそう。

以下、教科書から原文のまま抜粋。(太字は南雲による脚色)


あゝ、きれいだ。あの色をどうかして出したいものだ。」 

日頃から自然の色にあこがれていた喜三右衛門(のちの柿右衛門)は、夕陽に照らされ「珊瑚珠」の様に輝く柿の実の色の美しさに打たれて、居ても立っても居られなくなる。磁器に焼付ける色の中でも赤は最も難しい。当時は不可能とも思われていた技術の開発は困難を極めたが、喜三右衛門はひたすら熱中し、研究を止めようとしない。

人は此の有様を見て、たはけとあざけり、気ちがひと罵つたが、少しもとんぢやくしない。彼の頭のなかにあるものは唯夕日を浴びた柿の色であった。
かうして五六年はたつた。或る日の夕方、喜三右衛門はあわたゞしく窯場から走り出た。
「薪はないか。薪はないか。」
彼は気がくるつた様にそこらをかけ廻つた。さうして手當り次第に、何でもひつつかんで行っては窯の中へ投込んた。
喜三右衛門は、血走つた目を見張つてしばらく火の色を見つめて居たが、やがて「よし。」と叫んで火を止めた。
其の夜喜三右衛門は窯の前をはなれないで、もどかしそうに夜の開けるのを待ってゐた。一番鶏の声を聞いてからは、もうじつとしては居られない。胸をどらせながら窯のまはりをぐるぐる廻った。いよいよ夜が明けた。彼はふるへる足をふみしめて窯をあけにかゝつた。朝日のさわやかな光が、木立をもれて窯場にさし込んだ。喜三右衛門は、一つ又一つと窯から皿を出してゐたが不意に「これだ」と大声をあげた。

「出きた出来た。」

皿をさゝげた喜三右衛門は、こをどりして喜んだ。
かうして柿の色を出す事に成功した喜三右衛門は、程なく名を柿右衛門と改めた。

(旧仮名遣い、原文のまま)

 

 


 

この話は歌舞伎『名工柿右衛門』として、片岡仁左衛門の名演で人気を博しました。

「あの柿が柿右衛門の原点なんですね!(≧∇≦)」

と私が元気よく言うと、酒井田さんは、大変優しく「あれは諸説ありましてね。うふふふ」と微笑まれました。

なにはともあれ、こうしてご当家の方にご説明をうける「一次情報」を得たことは、なにか非常に得した気がしています。

柿右衛門窯は春は「桜」。

秋は「柿」が非常に素晴らしいです。とても絵になるのでぜひおいでください。

12325642_10205704600360494_1381376225_o

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

桜の時期の柿右衛門窯

▶︎柿右衛門窯
住所:佐賀県西松浦郡有田町南山丁352
電話番号:0955-43-2267
営業時間:年中無休 9:00~17:00 (ただし年末・年始は除きます)
http://kakiemon.co.jp/

関連記事

  1. into 有田観光

    有田に肌美人が多い理由を検証した所、驚きの結果が!

    有田には肌美人が多い。と自分のFACEBOOKに掲載した所、「…

  2. into 地方の経営者

    5)社長、これでは儲かりません。

    社長、この商品は全く儲かりませんよ。むしろ、作れば作るほど赤字です。…

  3. into 地方の経営者

    有田焼きが一目おかれる理由。

    ・・・ごっつい焼き物!ではなく、これは焼き物を成形するための「…

  4. into 地方の経営者

    ブランドは信仰だ!と思えると結構うまくいく

    前職の広報時代、メディアの皆様に、よく言われたのが「御社は宗教みたいだ…

  5. into 地方の経営者

    胸をはって、子供に言えますか?

    日本各地の職人さん(含む自営)と仕事をしていて「三大困ること」がコチラ…

  6. into 有田観光

    有田でのギョー活はここ!「餃子会館」。つまみは「もしもしラーメン」

    餃子って、ムショーに食べたくなる時がありませんか?有田で餃子が食べ…

最近の記事

  1. into 私の思考

    「考えを書いてはいけません。」
  2. into 有田観光

    塀に塗り込められたお宝
  3. 未分類

    マイクロツーリズム時代に求められる「広報」の力
  4. into PR

    へっぽこPR時代(後編2:最終回)
  5. into 地域で頑張る人たち

    農業も窯元も「サービス業」のスキルが必要な時代へ
PAGE TOP