into 地方の経営者

2)車を作るように焼き物を作ってみよう!

有田には約150もの窯元がありますが、お互いの窯を訪問しあうことありません。
作業現場は「アンタッチャブルゾーン」まさに「禁断のエリア」なのです。

そんな工場の中を定点観測してみると・・・

・おや?同じ人が同じものを持って、なんども往復している。
・それをどかせば、そこを通れるのに。

とかが、見えてきます。

あ、そうか。

IMG_1950

かつては大人数で働いていた工場の現場を少数になってしまった今でも、そのままの状態で使っているんだ、、と。

イメージではこんな感じ。

スクリーンショット 2016-04-10 19.11.57

そこでやったことは4つ。

1)きゅきゅっと小さく。(まじめする)

使うものは身近に。使わなものは捨てる。空いたスペースにはモノを置かないように立ち入り禁止に。居心地がよいエリアに作業スペースを移動、便利さも工夫。(間締め:生産用語で”まじめ”と読みます)

スクリーンショット 2016-04-10 19.12.05

2)スタスタ歩ける。(導線を確保)

工程から工程を「まっすぐに歩ける」ように。歩く場所とモノを置く位置と区別できるように黄色のテープを貼って完成!

IMG_3237

3)定位置を決める。(看板をつける)

習慣ついたものを治すのはムズカシイ。だから「○○置き場」と書いた看板をつけました。こう書いてあると、他のものはおけない・・・。つまり、モノは定位置に収まるようになるわけです。

スクリーンショット 2016-04-10 19.22.52

4)作業を楽にする。(重いものはコマをつける)

焼き物の道具は、とにかく重い。重いから、元に戻したくないし、腰を痛める。体とココロの負担を軽減するために、滑車をつけた台車を制作。これで重い釉薬もガラガラー、スーっと移動できます。

スクリーンショット 2016-04-10 19.22.30

ひとまず、これでやってみようじゃないか!

うーん、美しい。

と言われても、フツーでしょ?と思われると思うのですが、ビフォアーの写真(見せられませんが・・・)と比較すれば、きっと、その変化に誰もが驚くと思います。

IMG_0043

まるで、トヨタの工場のようじゃないですか?

・・・・

・・・・

・・・という、目標をたてることが重要!

現場改善のお手本にしたのは、世界に誇るジャパン・ブランド「TOYOTA」の「トヨタ方式」です。

スクリーンショット 2016-04-10 19.41.42.png

トヨタ方式をしらない方はこちらをどうぞ!

さて・・・・

この大仕事をやってくれたのが、こちらのおじさまトリオ。

左からアカセ木工の松山さん(現場改善の設計者 兼 私の相談役 兼 飲み友)、平山さん(有田のご意見番)、吉村さん(趣味は料理)。この人たちは、本当にすごかった。

 

ものすごく大変なことを、

ぐおおおおおおおおおーーー

と、やってのけてくれたのです。

従業員さんがなんだか楽しそうに仕事をされるようになった姿をみて、うなずく窯元(経営者)さんの後ろ姿をみて、

よし、いける!

と確信した一瞬でした。
ただ、その半年後にうち砕かれましたけど。3歩進んで2歩下がる、人生はワンツー・パンチ。人生あまくない!


<有田奮闘記の総集編>
1)掃除をさせてください!から始まった仕事(信頼関係の構築)
2)車を作るように焼き物を作ろう。(生産性)
3)別名「夫婦ゲンカ」という名の「経営改善会議」(コミュニケーション)
4)会計士さんを怒鳴ってしまったアノ日(財務会計)
5)社長、これでは儲かりません。(利益と原価)
6)ブランドは1日にしてならず。(ブランディング)
7)『知っている』と『できる』は違う、ってそういう事か!(実行あるのみ)
8)一人で生きていくのは難しい(コミュニティ形成)
9)好きなものを作るのはマスターベーション?(コンセプトの重要性)
10)どうして僕に継いでくれって言わないの?(後継者問題)

関連記事

  1. into 地方の経営者

    胸をはって、子供に言えますか?

    日本各地の職人さん(含む自営)と仕事をしていて「三大困ること」がコチラ…

  2. into 地方の経営者

    こんなに時間がかかる有田焼

    「磁器」である有田焼きは「陶器」に比べて製作工程が多く、時間が…

  3. into 地方の経営者

    8)一人で生きていくのは難しい。

    これが地方というものなんだ・・・。経営者は孤独なものだと思いま…

  4. into 地方の経営者

    5)社長、これでは儲かりません。

    社長、この商品は全く儲かりませんよ。むしろ、作れば作るほど赤字です。…

  5. into 地方の経営者

    私の胸が熱くなる瞬間

    有田生活も13ヶ月目に突入。月の半分を過ごす有田の…

  6. into 地方の経営者

    「柿右衛門窯」に行ってきました。

    先日、有田焼きのナンバーワンブランド「柿右衛門窯」に行ってきました。柿…

最近の記事

  1. into PR

    へっぽこPR時代(中編)
  2. into 地域魅力

    ワインに詳しくない私がワインを選ぶ、もう一つの方法
  3. into 地方の経営者

    2)車を作るように焼き物を作ってみよう!
  4. into 有田観光

    経済活動が止まる有田のお盆
  5. into 磁器産業

    お尻からドンドン出てくる有田焼
PAGE TOP