into 有田観光

塀に塗り込められたお宝

東京から愛車のチビカーを陸送してきた私。

new_IMG_8514

魅力的な商店が並ぶ目抜き通りでも、その車でブンブン飛ばしていたので、最初は気がつかなかったのですが、有田の目抜き通りを一本入った所に、これぞ”焼き物の街”を感じさせる町並みがあることがわかりました。(ガイドブックにはしっかり紹介されてますが、読んでなかった・・・。)

それは「トンバイ塀」

トンバイ塀

トンバイ塀

トンバイとは焼き物を焼く窯に使われていた煉瓦のこと。

そのトンバイに石や土を混ぜて固めた塀のことを「トンバイ塀」と呼んでいます。塀を、よーく見ると、釉薬がついてガラス化した煉瓦、トチンやハマ(どこかで解説します)が。中には骨董の価値がありそうな有田焼の破片もあり、
さながら「有田焼きの標本!

「トンバイ塀」通りには車は殆ど入ってこないので、ゆっくりと散策できますが、おすすめは雨の日。しっとりと濡れた煉瓦や焼き物がキラキラしてとても美しいです。

950-352-50

高さにも注目

有田焼は「分業制」と言われています。仕事上の役割分担は立地でみてもわかります。

●目抜き通りがある地域は「商人の街」→商品を売買しやすい場所にある。内山とも呼ばれています。

●人通りの少ない地域は「窯焼きの街」→目抜き通りを一本入った所もしくは黒牟田地区。源右衛門さんがある地域は黒牟田地区とも呼ばれ、通称「外山」とも呼ばれています。

トンバイ塀は、作陶技術を外から盗み見されないように立てられたました。

new_IMG_9545

つまり、「トンバイ塀」が巡らされている中にお住まいなのは(だったのは)「窯元」ということですね!

水道管工事などで、現在は家よりも道路のほうが少し高くなっていますが、かつては眼より少し高く作られていたそうです。当時は、その「トンバイ塀」に使われている煉瓦が見えると見苦しいので土でお化粧をした、、つまり、塗り壁だったそうです。ですが、煉瓦が見えているほうが、美しいし、有田焼きの歴史が塗り込められている感じがして断然良い◎と思います。

皇室御用達の有田焼を作っている「辻精磁社」の敷地の中には「塗り壁」がまだ残されていますので、ショウルームをみるついでにご覧になると良いかと思います。

new_IMG_9080

ともかくも、そんな”うんちく”を聞いてしまうと、つい、背伸びをして「トンバイ塀」ごしに屋敷の中を覗いてしまうのは私だけでしょうか。

関連記事

  1. into 有田観光

    有田でのギョー活はここ!「餃子会館」。つまみは「もしもしラーメン」

    餃子って、ムショーに食べたくなる時がありませんか?有田で餃子が食べ…

  2. into 有田観光

    ふにゃふにゃがうまい!「牧のうどん」

    本日の昼食は「牧のうどん」。北九州のご当地食の一つです。どれだ…

  3. into 有田観光

    バックヤードで器を掘り出そう!幸楽窯

    うわーーー♥すごーい!この食器の海!!!ここは、慶…

  4. into 地方の経営者

    「有田焼きブランド」を超えている「柿右衛門ブランド」

    前回、前々回と「柿右衛門窯」について超簡単にご紹介しましたが、そもそも…

  5. into 地方の経営者

    蔵から出てきたお宝

    焼き物の絵付けには欠かせないのが、これ。「ナカダチ紙」…

  6. into 地方の経営者

    窯に「アート」を持ち込んだ窯元

    仕事の合間に遊びにいく窯元の一つがここ「幸楽窯」さん。創業150年の老…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. into 私の思考

    境界を越える時は
  2. into 私の思考

    感性の磨き方
  3. into 地方の経営者

    窯に「アート」を持ち込んだ窯元
  4. 未分類

    大きな投資は必要なし。佐賀県発マイクロツーリズムの成功例
  5. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(上)
PAGE TOP