into 地方の経営者

蔵から出てきたお宝

new_IMG_0361_2

焼き物の絵付けには欠かせないのが、これ。

「ナカダチ紙」

new_IMG_8363

これは絵付けをする前の下絵となる図案です。

私が今お手伝いをしている「梶謙製磁社」は創業250年以上、江戸時代から続く老舗の窯元さん。かつては大勢の職人さんを有しており、山一つ分に建物が9棟もあるという広大な敷地をお持ちです。但し、現在はその殆どは使われていない。

ここで生まれ育ったお嬢様である奥様ですら、入ったことがない領域があり、
まさにワンダーワールド!

というか、

カオス・・・。

new_P4160156

とにかくワクワクしてしまう世界があるのです。

職人さんという職業は謙虚なのか、

私:「得意なものはなんですか?」「特徴的なものはなんでしょう?」
窯元:「大したものはなにもなにもないな〜。」
私:「んーー、では、昔からのお宝にはどんなものがありますか?」

と聞いても

「いや〜、古いだけですから」とツレない・・・。

「(もー!)では、お宝(と思ってなくても)でなくても、代々伝わるものないですか。例えば原画とか?」

と言ったら、でてきたのがコチラ。⇩

new_IMG_8341

その数、百枚超。

窯元自ら、太い梁がある倉庫(但し、はしごナシ)の二階によじのぼり、トロ箱にはいったボロ雑巾のようなものを「ほいっ」

もうもうと煙幕のように、ホコリが舞う。

羽はたきで、1枚1枚、ほこりを払うと・・・
ほこりの下から現れたのは、今の有田ではみたことがない斬新でモダンな絵柄達。

うおーーー!
なにこれ?かわいい!
こんなデザインを有田焼きでみたことない!!!!!

この原画の間に挟まった新聞の年号から判断すると、どうも昭和初期に使われていたもののよう。

new_IMG_8352

ともかくも、こういう発見があるから老舗はおもしろい!
鼻の穴がスス(絵は炭で描かれている)で真っ黒になり、真っ黒な鼻くそが出ましたが、洋服も真っ黒になりましたが、全然平気ですから。

この絵をどう使う?と絵描きさんとキャッキャと盛り上がった一時でした。

関連記事

  1. into 地方の経営者

    柿右衛門窯にある「柿」を語れれば、焼き物ツウに。

    前回につづき、柿右衛門ネタです。トヨタとも異なる、この日本ブランドのあ…

  2. into 有田観光

    日本初のバリスタ・タクシーできました!

    タクシーにバリスタ乗せたら面白くないですか?こんなノリで始まった企…

  3. into 地方の経営者

    10)どうして僕に継いで欲しいって言わないの?

    有田の窯元さんの多くは後継者問題に苦慮しています。私が出会った窯元さん…

  4. into PR

    市場の価値観ってなんだろう?

    なにか新しいことをやる時はトテモドキドキするものです。それが伝統を重ん…

  5. into 地方の経営者

    6)ブランドは1日してならず。

    あなたたちは何もわかっていない!と怒った自分がわかってなかったこと。…

  6. into 地方の経営者

    「柿右衛門窯」に行ってきました。

    先日、有田焼きのナンバーワンブランド「柿右衛門窯」に行ってきました。柿…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. into 地方の経営者

    こんなに時間がかかる有田焼
  2. into 有田観光

    「価値」あるゴミ
  3. 未分類

    マイクロツーリズム時代に求められる「広報」の力
  4. into PR

    就活に想う(2):コウホウやりませんか?
  5. into 地方の経営者

    ブランドは信仰だ!と思えると結構うまくいく
PAGE TOP