into 私の思考

それは、本当に「考えた」か?

やめちまえ。

実際は、もう少しだけ丁寧な言葉でしたが、そのお方は、はっきりとおっしゃっいました。

あれは三年前。プレス発表会が10日後に迫ったある日、その会社の一番偉い人に「今度のプレス発表会は、こうやります。」とお伝えしたら、一言

ダメ

は???!!?(・_・;?

え、なんで?なんですか?

と聞いたら、

ダメなものはダメ。
そのプレス発表会は中止にしてください。

??!

な、なんで、ですか?と聞いても「ダメだから」それだけ言って、ムッツリとおかえりになられました。

なにがなんだか、わからない。
もしかして、ホントに、プレス発表会をやめるべきか?いや、いや、そんな訳ないよね、ホントにやめてたらクビになるだろし。もうプレスの人にリリースも送っており、そこそこ出席してくれることはわかっているし。やることは何ヶ月も前から言っているのに・・・

ああ、いったいなんなんだーー。( ;´Д`)

全くわかんないよー!


これは、言った本人に聞くしかない。

アシスタントの所にいき、ここ数日の彼の予定を聞くも、予定はビッチリで隙間時間は全くナッシング。

うおー、どーすりゃいいんだーとアタマを掻きむしっていたら、アシスタントさんが気の毒に思ってくれたようで「明日は、ホニャララ(地方)で会議なんですが、前後は視察なので、誰とも会う予定はありません」と。

あん?・・ホニャララに来いということか?
そうだね、いくしかないね。

私は翌日のアポを再調整して、誰の了解も得ず、一路、ホニャララへ。

そして、新幹線の改札口で、スタバのグランデ(彼の好みは知っている)を持って、待ち伏せ。

その人は、私を見ても、眉ひとつ動かさず、「おぅ!南雲さん、おはよう!」

てっきり「なにしに来たの?」とか「帰れ!」と言われると思ったのに肩透かし。思わず、

「ようこそ、ホニャララへ!!」

「あ、あの、コーヒーをどうぞ」

、、と自分が何者なのか、よくわからない返事。

「おぅ、レンタカーはこっちだよ」と私が差し出したスタバのグランデを持って、スタスタ歩く・・その後を私はピョコピョコとついていき、、不思議なドライブが始まった。

ようやく、聞く勇気がでたのは、帰りの車の中。

あの、プレス発表会の件ですが、なぜダメなのか、全くわかりません。ヒントをいただけないでしょうか?と、聞いてみた。

実は、会社の方針が変わり、プレス発表会のやり方も変えないといけない事情がありました。

すると、その人は、

南雲さんはさ、考えてないよね。と、のたまいました。

?考えてますよ!考えました!

よりメディアの皆さんに喜んでもらうために「AをBに変えたんです!」(ドヤ顔)。

あーでこーで、と説明した後に、偉い人曰く、

ふーん、それって、大して考えてないよね?

いや、全く考えてないよね。

もっと考えてよ。

・・

そこからの記憶は、あまりありません。答えがでないまま、その人と餃子食べてビール飲んで、帰りました。

その晩は、1人ブレスト。

まずは、「考える」ってなんだろうから、考える。
余談ですが、なにかを真剣に考える時は、言葉の意味から考えるといいです。言葉ってのは、深い意味があります。いかに”勝手な”思い込みをしていたか、よくわかるものかと思います。

で、本棚にあった、野矢さんの「はじめて考えるときのように」をものすごいイキオイで再読。

 


はじめて考えるときのように―「わかる」ための哲学的道案内 (PHP文庫) 文庫 – 2004/8/1
野矢 茂樹 著


【要点のまとめ】

  1. 考えるとは:いかに問い、いかに答えの閃き(ひらめき)を待つこと(原文ママ)
  2. 考える技術とは:(要約)
    1)問いを立てる:なぜそれが問題になるのか。
    2)論理の活用:情報の意味を引き出す。
    3)ことばを精錬する:思考を導く”言葉”かどうか。
    4)紙に書く:手や目を使って、ビジュアライズする。
    5)話し合う:人に伝える、様々な意見を聞いて、揉む。

ここで、もっとも重要なことは「正しく”問い”を立てる」ことです。閃き(ひらめき)を待つとありますが、閃く(ひらめく)まで”やる”ことだと思います。閃かない時は、問い自体が間違っているかもしれません。あと順番も重要。この順でやるのです。先達の言うことは、まるっと、やる。自分の都合のよい所だけやってはいけない。

・・

うん、まぁ、この論理でいけば、わたしの案は「変えた」だけか。

「問い」は、なんでプレス発表会をするのか。何の為にプレス発表会をするのか、などと紙に書きながら論理たてて争点を洗い出す。ゴールが見えて来た所で、メンバー会議をメールで召集。夜中だけど。

翌日の朝、会議。

みんな、すごいいい意見を言ってくれた。あの会議は今思い出しても楽しかった。多分、原点に返ったことがよかったのではないだろうか。

で、完成した案を、偉い人にチャットで報告、、するつもりがなぜか会社にいたので、直接報告。

曰く、「いいんじゃない。」

わー、良かった!ミンナー、いいってさー!

と、騒いでいたら、ご本人がニヤニヤしながら、

世の中はさ、トレードオフなんだよ。(ドヤ顔)
「やめちまえ」と言った瞬間、南雲さんの思考回路は動きだしだろ?(・∀・)ニヤニヤ

はぁ、そうですね。(^_^;)

自分は割と「考える」ほうだと思っていたのですが、「考えてない」と言われ、改めて『「考える」を「考える』機会が得られたあの日。あの数日間で得られた知見は一生の宝だと思っています。

おまけ:アイキャッチの写真は、ほにゃららで有名な名所の一つ。探さないでいいですよ。笑

関連記事

  1. into 私の思考

    2017年にやったオモロイ仕事

    皆さん、こんにちは。ブログを書くのを、とある理由で躊躇するよう…

  2. into 私の思考

    感性を磨くためには

    焼き物の知識は殆どない状態で始めた仕事ですが、食器に関しては感…

  3. into 地域活性化

    地域魅力の見つけ方

    土・地形・歴史を見る2019年1月27日佐賀新聞「ろんだん佐…

  4. into PR

    へっぽこPR時代(中編)

    諸般の事情で、突如、5月から母校(SFC)の「パブリックリレーショ…

  5. into 有田観光

    有田に肌美人が多い理由を検証した所、驚きの結果が!

    有田には肌美人が多い。と自分のFACEBOOKに掲載した所、「…

  6. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(上)

    不思議な非日常が魅力2019年4月21日佐賀新聞「ろんだん佐…

最近の記事

  1. into 私の思考

    あなたを雇う会社はない
  2. into 地方の経営者

    デザイナーさん必見!コンペ開催!入選作品は賞金+商品化。
  3. into 地方の経営者

    4)会計士さんを怒鳴ってしまったアノ日。
  4. into 地方の経営者

    こんなに時間がかかる有田焼
  5. into 地方の経営者

    「有田焼きブランド」を超えている「柿右衛門ブランド」
PAGE TOP