into PR

へっぽこPR時代(前編)

母校で「パブリックリレーションズ戦略」の授業の講義をしています。そこで、”仕事の資質”について気づかされたことを思い出したので書いてみました。前編、中編、後編の堂々三本立て。ハンカチを用意して、どうぞ!

周囲には自然しかないので、勉強しかできないスバラシー環境の母校。


前の会社に入社して半年すぎた頃、会社の上司(と、その上司)から、ある地域「認知度を短期間であげてこい」と指令が下りました。そして・・来週からキャラバン(メディア回り)に行け、と。

なぬ?

 

広告費ゼロで、

 

一挙認知度(と意向度)をあげる!?

 

・・

 

そりゃ、むりです。

 

だって、その地域のメディアとは全く関係構築ができていない段階、誰も知らない。しかも、社名も知られていない時代でした。そこに、ノコノコと「急いで露出」してください的にPRしに行っても

「あんた、どこのどなたさん?」

状態になる。

とはいえ、上位連中は、それが難しいことを知ってて、指令を出しているのだから、よほどの緊急自体なんだろう。直属上司もいつも以上に鬼な真剣な形相だ。

・・・・

うまくいく訳がない。

そもそも、この人たちは、私がどんだけ人見知りか知らないのだ。

そう、実は、私は、ものすごい人見知り。(今はスイッチを入れば、そこそこ社交的な人間になれますが、入れないと、ずっーっと黙っています。)

広報の時は1週間に1社、頑張って2社のメディアを訪問するのが限界でした。視聴率があがり購買数が増えるネタはなにか?を考えるとなると、手当たり次第に広報なんてできない。

コレだ(この人だ)、と思ったところに一球入魂じゃないと。

だから、ローラー作戦(だったのか?)をやれと言われると、思考停止になっちゃうのです。

という訳で、途方にくれすぎて思考停止に

・・

そのままボーっと半日が過ぎた頃、「ある人」の顔が浮かび、思考停止のまま電話

 

その人は、とあるメディアの偉い方。

 

南雲:あの・・困ったことになってしまい、どうしていいか、わからないので、電話してしまいました

・・・

アホである。

それでも社会人か?

なんで、あの状態で電話したのか、わからないけれど、おそらく、それしか思いつかなかったのだろう。なんたって思考停止でしたから。

しかし、その偉い方は、私のボーバクとした話を聞き、しばらく沈黙した後に、おっしゃいました。

 

南雲さん、紙とペンを用意してください。

いいですか?

これから、あなたが行くべきテレビ局番組名プロデューサーの名前を挙げていくから、書いてください。

言われるままに書いたら、続けて、

この番組はいずれも視聴率が高い。ですから、露出できたら、御社の認知度は上がります。

 

おお!

 

ありがとうございます。では、今から、この方達に電話します!

と言ったら、

まだです。

次は南雲さんの空いてる日教えてください。

私がアポをとります。

 

 

な、な、な!?

 

・・確かに、私が電話したら断られる可能性もある。

という訳で、なんと、そのお偉いさんは、自らアポをとってくださいました。

 

そして、数時間後、アポの時間の連絡が。

ありがとうございます!このご恩は一生わすれません。では、頑張って、広報に行ってまいります!

と言ったら、

 

当日は、私も一緒にいきます。

 

・・

 

そこまでしてもらったら、死んでしまいたくなる位に、申し訳ないので勘弁してください。もうオトナだし、一人でやれますので大丈夫です。ご安心ください。

 

と、申し訳なさの気持ちだけでお返事したら、

 

お偉い方曰く、

南雲さん一人より、私もいたほうが露出できる可能性は高くなります。

 

・・なんで?

 

なんで、そこまで、してくれるんですか?!

 

°°・(>_<)・°°

 

自分の情けなさと、ありがたさと、嬉しさと、よく理解のできない展開にアタマは大混乱。涙がにじんで、言葉がでませんでした。

彼がそこまでしてくれた理由は、次回の中編で。

おまけ:アイキャッチの写真は北の大地で自社撮影した時の1枚。連日3時起き。しびれます。

関連記事

  1. into 私の思考

    就活に想う(1):あなたを雇う会社はありません。

    あの時代が「古い時代」(と言っても10年前)だったのか、私がヘンテコだ…

  2. into 有田観光

    経済活動が止まる有田のお盆

    「すみません・・その日は働けません。」6月末のある日、窯元の奥…

  3. into 私の思考

    「土」が教えてくれるコト。

    3年前(2015年)、スペイン700キロを歩きました。10キロのバック…

  4. into 地域魅力

    経済活動止まる有田のお盆

    価値観を理解し、風習を共有2019年8月25日佐賀新聞「ろん…

  5. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(下)

    地域ブランディングは「認知」から2019年6月2日佐賀新聞「…

  6. into 地方の経営者

    1年後に「点」と「点」がつながった。

    三年前から経営指導しているある窯元さんが開口一番に、窯元さん:…

最近の記事

  1. into 地方の経営者

    窯に「アート」を持ち込んだ窯元
  2. into 磁器産業

    陶器と磁器って違うんだ!
  3. into 地域魅力

    鹿児島と芋焼酎 切っても切り離せない「土」の関係
  4. into 地域活性化

    地域魅力の見つけ方
  5. into 有田観光

    塀に塗り込められたお宝
PAGE TOP