into 私の思考

就活に想う(1):あなたを雇う会社はありません。

あの時代が「古い時代」(と言っても10年前)だったのか、私がヘンテコだったのか。ともかくも、色々あった結果、納まる所に納まり、今に至っています。

二つの大学で講義をするようになり、周りに就活!就活!と騒いでいる学生が一挙に増え、ふと、自分の就活はまぁまぁのサバイバルだったなぁと思い出したので、書いてみる気になりました。恐らく、これは一般的な就活ではないと思います。でも「こんな方法もあるんだな的」なものになれば幸いです。


SFC4年生の7月、ほとんどの友人は就職が決まっている時期でしたが、私は、まだナンにもしておりませんでした。なにをどうしていいのか分からなかったからです。

当時、私は36歳の学生。
HP社に16年勤務した後にSFCに進学したので、新卒で入社するのも違うし、中途かと言われると、それも違う気がするし、どうしようかと悶々としておりました。

そこで、キャリアのプロに相談してみようと思い、Pで始まるキャリアコンサルト会社に行きました。

若い男性コンサルタントは、私の経歴をざっくり眺めて、

 

んーー・・そうですねぇ。

HP社を辞めたのが失敗でしたね。なんで辞めちゃったんですか?





 

あの・・・なにが失敗なのでしょうか?

 

HPのような優良企業に居続けたら、良い会社を紹介できるのに、大学に行ってしまっては、キャリアが途中で切れてしまったってことになるじゃないですか。つまり無職という扱いになるのです。

 

あの、一応、勉強はしていましたが・・・

 

そうかもしれませんが、一般的には「何もしていない4年間」とみなされるんですよ。なんで辞めちゃんたですか?

なにかテキトーに返答したと思いますが、よく覚えていません。

 

そっか・・

一般的には私のキャリアはケチがついたことになるのか・・・・と遠い目になり、しばし思考停止のまま、数週間がすぎました。

ある日、インターン先の国際医療援助のNGOの理事長(米国企業の元アメリカ支社長だった方)が、C社(超有名な日本企業)に渉外に行くというので、ひょこひょこついていったことがありました。あわよくば、就職について聞いてみようという下心をもって・・・。

一通り、渉外の話がすんだ時に、「あの、御社に就職するためにはどうしたら良いでしょうか?」と聞いてみました。ちなみに、その時まで私は一言も発していませんが、同行した理事長が私のキャリアを簡単に説明してくださいました。

相手は人事総務の女性役員さんでした。

すると・・・

その方は、しばらく考えてから、非常に申し訳なさそうな顔をして言いました。

 

・・・南雲さんのような方を日本のメーカは雇わないと思います。

こんなことを言って本当にごめんなさい。

南雲さんはHPのような優良企業で働き、なにか想うことがあって退職され、SFCで力をつけ、そして、就職しようとされている。日本企業は、そんな人が怖いのです。会社の中を荒らされると思うから。だから、できれば、真っ白な人を雇いたいのです・・。

本当にごめんなさい。(頭をさげる女性役員さん)

 

日本の企業は遅れていると私も思います。きっと、南雲さんはおやりになりたいことがあるのでしょうね。でも、もし、仮に南雲さんがうちの会社に入っても、それをやれるのは、恐らく退職間際だと思います。それでもいいのですか?



やっと口に出せた言葉が

 

それは嫌です・・・・。

 

あとは何を言ったのか思い出せません。とぼとぼと無言のままC社の正門を出ました。

駅に向かう途中、NGOの理事長さんが言いました。

南雲さん、本当にC社に行きたいんですか?

もし、行きたいなら、●さん(当時、C社の社長で、ほにゃらら団連のトップ)に手紙を書きなさい。南雲さんの気持ちが本当なら、●さんに届くでしょう。もしくは、それなりのところに届き、なんらかの音沙汰があるはずです。逆に、それがないような会社であれば、その会社にいく必要はないと思います。恐らく、あの会社ならきっとお返事いただけると思いますが。

と。

あ、そうか!

確かにそうだ。入る扉がなければ、自分で作ればいいんだー!

 

と思い、帰ってから、早速、ペンを取りました。

 

あら?

 

書くことがない・・・

 

私は当時日本のメーカーに就職したいと思っていました。ですが、C社だけではなく、T社、N社の社長を思い浮かべても、書くことがなかったのです。

その時、ようやく、気がつきました。

私が思い描いたことは蜃気楼みたいなもので、具体的なイメージをともなわないものだと。

そこで、改めて、私が手紙を書きたい相手は誰だろう・・・・と考えました。

すると、一人だけ頭に浮かびました。この人に手紙を書いてみたい、書きたいことがある、と思う人が。

<続きはまた次回。>


写真はSFC時代に悪友とよく遊びにいった江ノ島の海です。

関連記事

  1. into 私の思考

    あなたを雇う会社はない

    自分の審美眼を信じる2019年11月17日佐賀新聞「ろんだん…

  2. into PR

    へっぽこPR時代(前編)

    母校で「パブリックリレーションズ戦略」の授業の講義をしています。そこで…

  3. into 有田観光

    有田に肌美人が多い理由を検証した所、驚きの結果が!

    有田には肌美人が多い。と自分のFACEBOOKに掲載した所、「…

  4. into 地域で頑張る人たち

    ニーズにないものを作るということ

    アートと資本原理は相反すると思います。なぜなら、アートはニーズにないか…

  5. into 私の思考

    感性の磨き方

    今ある器を捨てなさい。2019年7月14日佐賀新聞「ろんだん…

  6. into 私の思考

    境界を越える時は

    世の中には見えない境界がある。コロナが蔓延して、人や国の境界…

最近の記事

  1. into 地方の経営者

    窯に「アート」を持ち込んだ窯元
  2. into PR

    市場の価値観ってなんだろう?
  3. into 地域魅力

    下道、どうでしょう?〜14県のご当地モン発見の旅〜
  4. into 私の思考

    「考えを書いてはいけません。」
  5. into 地方の経営者

    私の胸が熱くなる瞬間
PAGE TOP