過去の記事一覧

  1. into 地方の経営者

    9)好きなものを作るのはマスターベーション?

    私が関わる諸々の業務の中でもメインオブジェクトであり、ハイライトであるのが新商品開発。すべての窯元さんの新商品を紹介したいのですが、長くなるので、一つだけ紹介し…

  2. into 地方の経営者

    8)一人で生きていくのは難しい。

    これが地方というものなんだ・・・。経営者は孤独なものだと思います。でも、特に有田のような伝統と歴史を守ってきた土地は、より孤独感に陥りやすい方も多いのか…

  3. into 地方の経営者

    7)『知っている』と『できる』は違う、ってそういう事か!

    先日の寺子屋(有田の家に窯元さんを集めた勉強会)で窯元AさんがBさんに言ったセリフ:あなたね、1年前の南雲さんは怖かったんだから。でも、今は大分丸くなったのよ。…

  4. into 地方の経営者

    6)ブランドは1日してならず。

    あなたたちは何もわかっていない!と怒った自分がわかってなかったこと。ブランドは、作る側は伝えたい「世界観」を消費者の「価値観」にビビビっとくるようにしな…

  5. into 地方の経営者

    5)社長、これでは儲かりません。

    社長、この商品は全く儲かりませんよ。むしろ、作れば作るほど赤字です。えええ!?((((;゚Д゚))))))) ↑窯元さんの顔あああ、…

  6. into 地方の経営者

    4)会計士さんを怒鳴ってしまったアノ日。

    あ、あ、あなたは一体、誰のために働いているんですか!ああ、言ってしまいました。(´Д` )しかも、あなたはそれでもプロなんですか!!!という…

  7. into 地方の経営者

    3)別名「夫婦ゲンカ」という名の「経営改善会議」

    窯元さんと経営改善会議を始めると、始めの頃は、しょっちゅう、夫婦ゲンカに発展します。有田にいる窯元さんのほとんどが夫婦+アルファで営んでいます。経営状況の話は夫…

  8. into 地方の経営者

    2)車を作るように焼き物を作ってみよう!

    有田には約150もの窯元がありますが、お互いの窯を訪問しあうことありません。作業現場は「アンタッチャブルゾーン」まさに「禁断のエリア」なのです。そんな工…

  9. into 地方の経営者

    1)掃除をさせてください!から始まった仕事。

    窯元さんの「ブランディング」をやりませんか?はい、やります!何をすればいいのか、給料がいくらかもわからないのに、ほぼ即答してました・・。…

  10. into 有田観光

    有田は「自転車」か「歩き」で回るのがオススメです。

    有田を回るなら、歩きか、自転車がオススメです。有田に来て、ああ、ここは焼き物の町だなぁ、と実感するのは、足元に陶片(江戸や明治時代のものらしい)があった…

今後のイベント

今後のイベントはありません

最近の記事

  1. into PR

    へっぽこPR時代(前編)
  2. into 磁器産業

    焼き物好きはミッドタウンへGO!
  3. into 私の思考

    「土」が教えてくれるコト。
  4. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(上)
  5. into 地域活性化

    引き上げる想い(後半)
PAGE TOP