into 地方の経営者

4)会計士さんを怒鳴ってしまったアノ日。

あ、あ、あなたは一体、誰のために働いているんですか!

ああ、言ってしまいました。(´Д` )

しかも、

あなたはそれでもプロなんですか!!!
という大きなお世話までつけて・・・。(´Д` )


ある窯元で掃除をセコセコするうちに気がついたのは、キャッシュフローが回っていないこと。その窯元さんは「20年間経費を見直していないこと」(え!?)「なにに使われているかを知らないこと」(え!?)という状態なので聞いてもわからず、困ったので、会計士を呼び出して、いろいろ詰問質問。

IMG_8141_2.jpg

全体的にのらりくらりと答える会計士さん。

南:この規模の企業の場合、一般的にはどのくらいの保険料が適切なのでしょうか?

会:僕の口からは言えません。

南:(は?)

会:僕のお客様に保険のお客様がいますから。

南:(?・・はい?)

会:そのお客様の不利益になることは言えません。



どっかーん!

 

今、あなたの目の前にいる方は、お客様ではないんですか!!!!
で、冒頭のセリフになってしまったというわけでございます。高校生のお子さんがいそうな男性相手にですよ・・。激怒は収まらず、会計士さんが帰ったあとで「あの会計士さんは代えてもらいましょう」と。そうしたら、窯元さんはいいました。

でも、あの人はとってもいい人なんです。

と。

・・・・(失笑)

でも、怒ってよかったのかもしれません。

と、いうのは、しばらくたったある日、その方と電話で話をして一段落ついた時に、

 


会:あの、南雲さん、僕は『T』です。

南:(言い間違えたかな?と思い)はい、存じております。今、なんとお呼びしてしまいましたか?

会:先生と。でも、僕は先生ではありません。「T」と呼んでください。


(; ̄Д ̄)なんですと?

P4140143

エントツが立ちならぶ有田の街


電話の口から優しい風が吹いた気がしました。私が激怒したあの日以降、その会計士さんは頻繁にその窯元さんを訪問してくれて、あれやこれやをやってくれていたのです。おのおかげもあって、その窯元さんの財務は飛躍的&劇的に回復しました。わずか半年で

ただし、もちろん、怒りましたよ。窯元さんにも。「こんな財務になったのは、あなたの責任です。(ここでもドッカーン!)」と。これは次回紹介します。お金は重要です。でも、重要の意味がここでは違った。

どの会計士さんにも言われたのは、いままで窯元さんから経営の話を聞いたことがなかったと。有田の状況、これからやっていきたいこと、こことここをサポートしてほしいという具体的なお願い、でも、費用はどうか出世払いで・・・。若干図々しかったかしらね。でも、

わかりました。有田のために一肌ぬぎましょう。(会計士Mさん)
楽しいですね。こんなにわくわくしたのは久しぶりです。(会計士Sさん)

と、おっしゃっていただきました。
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*


経済が冷え込んでいる地域は、特定業界だけではなく全体的に諦めモードになっているのかもしません。なんというか「地域経済の連帯責任」?

だから、よくわかっていない「他人」をポーンと放り込むのは、刺激を与えられるのかもしれない、と思いました。

 


 

激怒してしまったことを、深ーく、反省した私は、何冊か「アンガーマネージメント(怒りをコントロールすること)」の本を読みました。そこで、とても役に立たったことがあるので、皆さんにも共有します。

⭕️怒りは「2次感情」であること。
つまり、怒りに至るには「最初(1次)の感情」があるということです。それは、苦痛、寂しさ、弱さ、絶望、不安、ストレス、痛み、悲しみ、心配などです。

もし、あなたが怒りを感じたら、すぐに1次感情を探りましょう。それが「絶望」であれば相手に「残念です」ということを伝えればよいわけです。そうすれば、「どっかーん」にはならずに冷静に話ができるということです。これは大変役に立ちました。

参考までに(私に)役に立たないことは、
❌怒る前に深呼吸を3回する
これ、全然効きませんでした。深呼吸したら、むしろ、怒りに弾みがつきましたもの。皆さんもぜひお試しください。

最後に、窯元の皆さん、いつも怒って申し訳ありません。10回のうち8回は怒らないように心の広い人間になるようにがんばります!


<有田奮闘記の総集編>
1)掃除をさせてください!から始まった仕事(信頼関係の構築)
2)車を作るように焼き物を作ろう。(生産性)
3)別名「夫婦ゲンカ」という名の「経営改善会議」(コミュニケーション)
4)会計士さんを怒鳴ってしまったアノ日(財務会計)
5)社長、これでは儲かりません。(利益と原価)
6)ブランドは1日にしてならず。(ブランディング)
7)『知っている』と『できる』は違う、ってそういう事か!(実行あるのみ)
8)一人で生きていくのは難しい(コミュニティ形成)
9)好きなものを作るのはマスターベーション?(コンセプトの重要性)
10)どうして僕に継いでくれって言わないの?(後継者問題)

関連記事

  1. into 地方の経営者

    柿右衛門窯にある「柿」を語れれば、焼き物ツウに。

    前回につづき、柿右衛門ネタです。トヨタとも異なる、この日本ブランドのあ…

  2. into 地域で頑張る人たち

    引き上げる想い(前半)

    4年間、佐賀県で夫を放置プレイで仕事をしておりましたが、今月末をもちま…

  3. into 地方の経営者

    10)どうして僕に継いで欲しいって言わないの?

    有田の窯元さんの多くは後継者問題に苦慮しています。私が出会った窯元さん…

  4. into 地方の経営者

    1年後に「点」と「点」がつながった。

    三年前から経営指導しているある窯元さんが開口一番に、窯元さん:…

  5. into PR

    市場の価値観ってなんだろう?

    なにか新しいことをやる時はトテモドキドキするものです。それが伝統を重ん…

  6. into 地方の経営者

    「柿右衛門窯」に行ってきました。

    先日、有田焼きのナンバーワンブランド「柿右衛門窯」に行ってきました。柿…

最近の記事

  1. 未分類

    マイクロツーリズム時代に求められる「広報」の力
  2. into 地域魅力

    鹿児島と芋焼酎 切っても切り離せない「土」の関係
  3. into 地方の経営者

    こんなに時間がかかる有田焼
  4. into 地域活性化

    引き上げる想い(後半)
  5. into 地方の経営者

    ブランドは信仰だ!と思えると結構うまくいく
PAGE TOP