into 私の思考

感性を磨くためには

旧白洲邸 武相荘 Buaiso:白州夫妻の感性が詰まった住居

旧白洲邸 武相荘 Buaiso:白州夫妻の感性が詰まった住居

焼き物の知識は殆どない状態で始めた仕事ですが、食器に関しては感性という切り口で興味を持つようになりました。

それは・・・

デジタル一色で無機質な外資系企業から転職して、日本の溢れる情緒をPRする仕事についた時に「どうしたら感性を磨くことができるのでしょうか?」と大学の教授に聞いたことから始まりました。

教授はおっしゃいました。


「今ある食器を全部捨てなさい」

「気に入っているもの以外は全部」と。
「・・・・」
「先生・・・そばちょこ1個しか残りません(泣)」

と答えたら、

では、その”そばちょこ”でご飯もみそ汁もパスタも食べなさい。大切なものは丁寧に扱うはずでしょう?そういった日常の振舞から美しい所作は生まれるものです。
自分の眼に叶ったモノ、自分が気に入ったモノに囲まれて生活してみてはどうですか?

なるほど、そうか。

早速、結婚当初に買った間に合わせの食器やら貰い物を全部捨て・・・られずにひとまず押し入れに押し込みました。

すると、なんということでしょう!

食器棚が空になりました・・・。

・・・

こだわりのない食器ばかり・・・というこの事実。笑

という訳で、「ナイ」ものから、すこしずつ焼き物を買い始めました。

広報をやっていた当時、私は日本各地に出張にいくことが多かった。

山代温泉にいけば「九谷焼き」
竹富島にいけば「やちむん焼き」
玉造温泉にいけば「布志名焼き」

などなどの手仕事がされたものを少しづつ集め始めました。

高くて、しかも、世界に一つしかないという認識も加わり、とても丁寧に扱いました。感性が磨かれたかどうか解りませんが、ガサツな振舞はなくなったようで、いずれも割れることも欠けることもなく10年が経過しました。

なにかを得るためには・・
まず捨てる。
新しいモノやコトを手に入れる為の必須要件なのかもしれません。

あの時は、有田焼きのブランディングをやるなんて思いもよりませんでしたが、食器棚がスカスカだったおかげで、楽しくも美しい食器がドンドン増えました。そして、今は、殆どが有田焼で占められる状況になっており、このまま加速する気配がします・・・。

「このお皿は右を向いている鯛、つまり右肩あがりの縁起のよいお皿なのよ」とか「この煮物にはこのお皿のほうが合うね」などと、我が家の食空間はヴィジュアルもコミュニケーションも大層にぎやかになりました。

new_IMG_0216

関連記事

  1. into PR

    小さな町に観光客がやってきた(下)

    地域ブランディングは「認知」から2019年6月2日佐賀新聞「…

  2. into PR

    へっぽこPR時代(後編1)

    いわゆる広報のノウハウ本は読んだことがありません。その代わり、一部のメ…

  3. into 私の思考

    感性の磨き方

    今ある器を捨てなさい。2019年7月14日佐賀新聞「ろんだん…

  4. into 有田観光

    経済活動が止まる有田のお盆

    「すみません・・その日は働けません。」6月末のある日、窯元の奥…

  5. into 磁器産業

    陶器と磁器って違うんだ!

    「磁器」と「陶器」。まとめて「陶磁器」と呼ぶことも。右…

  6. into 私の思考

    手仕事されたモノが心地よい理由

    私は多分面倒くさい人なのかもしれない。美味しいモノや美しいモノに出会…

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 高木萌子
    • 2015年 5月 07日

    素敵ですね。私も食器の整理をしてみようかなぁと思いました。笑

    • むる。
    • 2019年 2月 07日

    右上のふぐ?のお皿素敵!!

CAPTCHA


最近の記事

  1. into 地方の経営者

    1年後に「点」と「点」がつながった。
  2. into 有田観光

    ふにゃふにゃがうまい!「牧のうどん」
  3. into 地方の経営者

    3)別名「夫婦ゲンカ」という名の「経営改善会議」
  4. into PR

    へっぽこPR時代(後編1)
  5. into 私の思考

    手仕事されたモノが心地よい理由
PAGE TOP